テスラ、「モデル3」納入実績が市場予想下回る

2017年の第4四半期は1550台にとどまった

1月3日、米電気自動車(EV)大手テスラは、新型セダン「モデル3」の納入実績が昨年第4・四半期に1550台だったと発表した。写真はモデル3。ロサンゼルスで2017年11月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[3日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は3日、新型セダン「モデル3」の納入実績が昨年第4・四半期に1550台だったと発表した。量産計画に遅れが生じている同車種の生産上の問題克服を図る中、納入実績は市場予想を下回った。

調査会社ファクトセットによると、第4・四半期の同車種の納入台数は4100台と予想されていた。エバーコアのアナリストは5800台、コーウェンのアナリストは2250台と見込んでいた。

テスラはまた、モデル3の生産台数が節目の週間5000台に到達する時期の見通しを今年第2・四半期末に先送りした。同社は当初、5000台到達時期を昨年12月と見込んでいたが、11月に見通しを修正して今年第1・四半期末に延ばしていた。

テスラによると、第4・四半期末時点で860台のモデル3が顧客へ輸送中だった。

第4・四半期にテスラ全体の納入実績は2万9870台となった。このうち「モデルS」は1万5200台、「モデルX」は1万3120台。全体納入実績の市場予想は約3万台となっていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT