テスラ、「モデル3」納入実績が市場予想下回る

2017年の第4四半期は1550台にとどまった

1月3日、米電気自動車(EV)大手テスラは、新型セダン「モデル3」の納入実績が昨年第4・四半期に1550台だったと発表した。写真はモデル3。ロサンゼルスで2017年11月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[3日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は3日、新型セダン「モデル3」の納入実績が昨年第4・四半期に1550台だったと発表した。量産計画に遅れが生じている同車種の生産上の問題克服を図る中、納入実績は市場予想を下回った。

調査会社ファクトセットによると、第4・四半期の同車種の納入台数は4100台と予想されていた。エバーコアのアナリストは5800台、コーウェンのアナリストは2250台と見込んでいた。

テスラはまた、モデル3の生産台数が節目の週間5000台に到達する時期の見通しを今年第2・四半期末に先送りした。同社は当初、5000台到達時期を昨年12月と見込んでいたが、11月に見通しを修正して今年第1・四半期末に延ばしていた。

テスラによると、第4・四半期末時点で860台のモデル3が顧客へ輸送中だった。

第4・四半期にテスラ全体の納入実績は2万9870台となった。このうち「モデルS」は1万5200台、「モデルX」は1万3120台。全体納入実績の市場予想は約3万台となっていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。