テスラ、「モデル3」納入実績が市場予想下回る

2017年の第4四半期は1550台にとどまった

1月3日、米電気自動車(EV)大手テスラは、新型セダン「モデル3」の納入実績が昨年第4・四半期に1550台だったと発表した。写真はモデル3。ロサンゼルスで2017年11月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[3日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は3日、新型セダン「モデル3」の納入実績が昨年第4・四半期に1550台だったと発表した。量産計画に遅れが生じている同車種の生産上の問題克服を図る中、納入実績は市場予想を下回った。

調査会社ファクトセットによると、第4・四半期の同車種の納入台数は4100台と予想されていた。エバーコアのアナリストは5800台、コーウェンのアナリストは2250台と見込んでいた。

テスラはまた、モデル3の生産台数が節目の週間5000台に到達する時期の見通しを今年第2・四半期末に先送りした。同社は当初、5000台到達時期を昨年12月と見込んでいたが、11月に見通しを修正して今年第1・四半期末に延ばしていた。

テスラによると、第4・四半期末時点で860台のモデル3が顧客へ輸送中だった。

第4・四半期にテスラ全体の納入実績は2万9870台となった。このうち「モデルS」は1万5200台、「モデルX」は1万3120台。全体納入実績の市場予想は約3万台となっていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT