「クックパッド上場を実現」した事業家の脳裏

「フェイズ」意識で会社も社員も成長する!

フェーズごとのチェックシート(出所:山口豪志『0 to 100 会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)P30~31より掲載)

「フェーズ」を知っておくべき理由

私はレシピサイトのクックパッドで社会人生活をスタートし、同社の上場を見届けてから、クラウドソーシングのランサーズで働き始めました。いずれも入社当時は初期フェーズの会社でしたが、小さな会社が成長していく喜びを実感できたことが、スタートアップを支援する現在の仕事につながっています。創業間もない初期フェーズの会社の成長に貢献することが、私の性には合っているようです。

ただ、私がこの「フェーズ」という考え方をいちばん身に付けていただきたいと思うのは、経営層よりもむしろ、社員として会社の中で働く皆さんです。会社の成長に欠かせないのは、言うまでもなく社員の力です。経営者一人でできることには限界があります。

社員の方がフェーズを意識して、今の会社の立ち位置を知ったうえで働くことができれば、今よりも高いパフォーマンスを発揮しやすくなります。会社はもちろん、個人の成長にもつながるでしょう。

『会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

注意していただきたいのは、人にはそれぞれ、フェーズとの相性があるということです。ここでミスマッチが起こると、社員が力を発揮しにくくなります。刺激に満ちあふれた初期フェーズでバリバリ働きたいという人もいれば、中期フェーズで落ち着いて働きたいという人もいます。

同じ業種でも、フェーズが違えば求められるスキルも異なります。人数の少ない初期フェーズでは、一人で複数の業務をこなさないといけませんが、ある程度社員数が増えてくると、作業が分担化され、より専門的な仕事が求められるようになります。

そういう意味では、これから就職活動を始める学生も、会社のフェーズというものを意識しておくといいかもしれません。どのフェーズの会社で働くかによって、仕事へのやりがいは大きく変わってきます。会社の名前よりも、待遇よりも、「自分が生き生きと働くことのできるのはどのフェーズか」を考えてみましょう。

0から100までの成長段階(フェーズ)(出所:山口豪志『0 to 100 会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)P22~23より掲載)
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。