「クックパッド上場を実現」した事業家の脳裏

「フェイズ」意識で会社も社員も成長する!

フェーズごとのチェックシート(出所:山口豪志『0 to 100 会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)P30~31より掲載)

「フェーズ」を知っておくべき理由

私はレシピサイトのクックパッドで社会人生活をスタートし、同社の上場を見届けてから、クラウドソーシングのランサーズで働き始めました。いずれも入社当時は初期フェーズの会社でしたが、小さな会社が成長していく喜びを実感できたことが、スタートアップを支援する現在の仕事につながっています。創業間もない初期フェーズの会社の成長に貢献することが、私の性には合っているようです。

ただ、私がこの「フェーズ」という考え方をいちばん身に付けていただきたいと思うのは、経営層よりもむしろ、社員として会社の中で働く皆さんです。会社の成長に欠かせないのは、言うまでもなく社員の力です。経営者一人でできることには限界があります。

社員の方がフェーズを意識して、今の会社の立ち位置を知ったうえで働くことができれば、今よりも高いパフォーマンスを発揮しやすくなります。会社はもちろん、個人の成長にもつながるでしょう。

『会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

注意していただきたいのは、人にはそれぞれ、フェーズとの相性があるということです。ここでミスマッチが起こると、社員が力を発揮しにくくなります。刺激に満ちあふれた初期フェーズでバリバリ働きたいという人もいれば、中期フェーズで落ち着いて働きたいという人もいます。

同じ業種でも、フェーズが違えば求められるスキルも異なります。人数の少ない初期フェーズでは、一人で複数の業務をこなさないといけませんが、ある程度社員数が増えてくると、作業が分担化され、より専門的な仕事が求められるようになります。

そういう意味では、これから就職活動を始める学生も、会社のフェーズというものを意識しておくといいかもしれません。どのフェーズの会社で働くかによって、仕事へのやりがいは大きく変わってきます。会社の名前よりも、待遇よりも、「自分が生き生きと働くことのできるのはどのフェーズか」を考えてみましょう。

0から100までの成長段階(フェーズ)(出所:山口豪志『0 to 100 会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)P22~23より掲載)
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。