iPhone動作減速問題、電池交換費用引き下げ

アップルが謝罪、ソフトを修正へ

 12月28日、米アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の旧機種の動作を遅くしたことについて謝罪するとともに、電池交換費用を引き下げ、電池の状況が分かるようソフトを修正すると発表した。写真は修理中のアイフォーン。ニューヨークの修理店で2016年2月撮影(2017年 ロイター/Eduardo Munoz/File Photo)

[28日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は28日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の旧機種の動作を遅くしたことについて謝罪するとともに、電池交換費用を引き下げ、電池の状況が分かるようソフトを修正すると発表した。

1月から79ドルから29ドルに

「アイフォーン6」以降の機種について、保証期間の切れたバッテリーの交換費用を1月から29ドルとし、これまでの79ドルから引き下げる。また基本ソフト(OS)「iOS」を修正し、バッテリーが劣化してアイフォーンの動作に悪影響が出ているかどうかが分かるようにする。

アップルは20日、リチウムイオン電池の劣化により突然シャットダウンが起こり電子部品を傷付ける恐れがあるため、アイフォーンの旧機種の動作を遅くしていると明らかにした。

これを受け、買い替えを促すために旧機種の動作を故意に遅くしているのではないかとの見方が消費者の間で浮上していた。この問題を巡りこれまでに米国で少なくとも8件の訴訟が起こされている。

アップルは28日に公表した発表文で、故意に製品寿命を短くすることはしていないと主張した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT