iPhone動作減速問題、電池交換費用引き下げ

アップルが謝罪、ソフトを修正へ

 12月28日、米アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の旧機種の動作を遅くしたことについて謝罪するとともに、電池交換費用を引き下げ、電池の状況が分かるようソフトを修正すると発表した。写真は修理中のアイフォーン。ニューヨークの修理店で2016年2月撮影(2017年 ロイター/Eduardo Munoz/File Photo)

[28日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は28日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の旧機種の動作を遅くしたことについて謝罪するとともに、電池交換費用を引き下げ、電池の状況が分かるようソフトを修正すると発表した。

1月から79ドルから29ドルに

「アイフォーン6」以降の機種について、保証期間の切れたバッテリーの交換費用を1月から29ドルとし、これまでの79ドルから引き下げる。また基本ソフト(OS)「iOS」を修正し、バッテリーが劣化してアイフォーンの動作に悪影響が出ているかどうかが分かるようにする。

アップルは20日、リチウムイオン電池の劣化により突然シャットダウンが起こり電子部品を傷付ける恐れがあるため、アイフォーンの旧機種の動作を遅くしていると明らかにした。

これを受け、買い替えを促すために旧機種の動作を故意に遅くしているのではないかとの見方が消費者の間で浮上していた。この問題を巡りこれまでに米国で少なくとも8件の訴訟が起こされている。

アップルは28日に公表した発表文で、故意に製品寿命を短くすることはしていないと主張した。

人気記事
トピックボードAD
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。