アサヒ、中国青島ビール株を1060億円で売却

売却益は約63億円、事業構成の見直しで

 12月20日、アサヒグループホールディングス は20日、中国の青島ビールの保有株を約1060億円で売却すると発表した。写真はアサヒのロゴマーク。2016年5月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai/File Photo)

[東京 20日 ロイター] - アサヒグループホールディングス<2502.T>は20日、中国の青島ビール<600600.SS>の保有株を約1060億円で売却すると発表した。売却先は、香港の復星集団と青島市政府の子会社である青島ビール集団。

売却価格は1株当たり27.22香港ドル。復星集団のクロージングは2018年3月28日、青島ビール集団が18年3月30日。約63億円の売却益計上を見込んでいる。売却は2018年に行われるため、17年12月期の業績に影響はない。

アサヒは、青島ビールの約19.99%を保有している。

アサヒは、欧州で1兆2000億円規模の大型買収を実施したことから、事業ポートフォリオの再構築を進めてきた。中国ビール事業への投資についても再検討を表明していた。青島ビール株のほか、これまでに中国飲料合弁株やチルド清涼飲料子会社「エルビー」などを売却している。

(清水律子)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。