消す?消さない?ネットの「ストーカー広告」

デリケートな検索結果もダダ漏れ

3つ目の方法は、アドブロックと呼ばれるツールやアプリを使うことだ。最も有名なのは、ドイツのIT企業アイオの「アドブロックプラス」。ブラウザの種類ごとにツールが無償提供されている。アイオはスマートフォン向けにアドブロックできるブラウザも提供している。どちらも、特定の企業の広告をブロックせずに表示させるといった細かい設定が可能だ。アドブロックは世界で6億台以上のパソコン、スマホに導入されている。

アップルがリタゲ広告対策

またアップル製品のユーザーは、これらの対策を講じなくてもリタゲ広告にわずらわされなくなっている。アップルのブラウザ・サファリに今秋、広告企業がクッキーを自由に利用できないようなアップデートが行われた。iPhoneユーザーでもクロームなど他社のブラウザを使っている場合はリタゲ広告が表示されるから、広告を見たくないという人はサファリに切り替えるのが効果的だ。

アップルがクッキーの利用を制限するのは、米国におけるリタゲ広告への厳しい風当たりを反映したものだ。2009年に米ペンシルベニア大学とカリフォルニア大学バークレー校が行った調査では、消費者の66%が自分の関心に応じた広告配信を望まず、84%がリタゲ広告のような行動履歴に基づく広告を拒絶するという結果が出ている。

実際に、広告のためにクッキーデータを収集した企業に対するクラスアクション(集団訴訟)も何度も起こっている。欧州でも、企業がクッキーデータを利用するには事前に、消費者の同意を得なければならなくなっている。アイオのベン・ウィリアム氏(広報担当)は「アドブロックの世界的な普及を、史上最大規模の消費者によるボイコット運動だと指摘する声もある」と話している。

関心ある商品が自動表示されるなど、広告は消費者にとって便利なものでもある。またメディアにとっては、収益源のひとつにもなっている。記事で紹介したような対策を使ってリタゲ広告を消すかどうか。さて、あなたはどうするか。

週刊東洋経済12月23日号(12月18日発売)の特集は「ネット広告の闇」です。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。