「ジャスティス・リーグ」に見る米映画の潮流 ヒーロー全員集合であらゆるファン層に照準

拡大
縮小
『ワンダーウーマン』は2017年夏映画でも人気を博した(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

マーベルの評判は上々だ。歴代興収ランキングを見ても、ベスト100に入っているマーベル作品の映画は、『アベンジャーズ』を筆頭に16本にもおよぶ。

一方のDC映画は、6位にバットマンを主役とした映画『ダークナイト』(2008年)がランクインしているが、トータルでは6本のみ。その数だけ見ても、ライバルのマーベルコミックの後塵を拝していた感は否めない。

しかし、“先輩格”は、DCコミックス。前身の出版社も含む同社の歴史をひもとくと、スーパーマンが登場したのが1938年で、バットマンは1939年に登場、ワンダーウーマンも1941年に誕生している。マーベルコミック(前身の出版社も含む)は、キャプテン・アメリカこそ1941年に登場しているが、スパイダーマンが1961年、アイアンマンが1963年と、多くが1960年代になってからで、DCのヒーローより”後輩のヒーロー”がほとんどだ。

あらゆるファンを取り込み、新たなキャラも紹介できる

超人的な俊敏性を持ち、タイムトラベルもできるフラッシュ(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ちなみにマーベルのヒーローチーム「アベンジャーズ」は、1963年に登場しているが、「ジャスティス・リーグ」が登場したのは1960年。もっとさかのぼると、フラッシュやグリーンランタンといったヒーローが集まった史上初のヒーローチーム「ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ」は1940年に登場しており、「アベンジャーズ」よりも歴史は古い。

マーベルの成功を横目に見ていたDCやDCファンにとって「ジャスティス・リーグ」がスクリーンに登場することは悲願だった。そこで満を持してスタートさせたのが「DCユニバース」シリーズで、これまでに、『マン・オブ・スティール 』(2013年)、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)、『スーサイド・スクワッド』(2016年)、『ワンダーウーマン』(2017年)といった作品を送りだしてきた。そしてその集大成として送りだしたのが『ジャスティス・リーグ』というわけだ。

「ダークナイト」シリーズをはじめ、これまで10本以上のアメコミ作品をプロデュースしてきた本作プロデューサーのチャールズ・ローブンは、「このジャンルならではの決まり事に敬意を払いながら、再構築する方法を見つけていった。その結果として完成した作品が、新旧問わずあらゆるファンを楽しませるものになったと思う。今回、DCのヒーローたちが初めて集合させたことで、観客にいろいろなキャラクターを紹介することができた。知ってもらえれば、彼らの今後の活躍にも注目してくれる」と、ヒーローを集合させるメリットを語ってくれた。

次ページヒーロー同士の戦いから転換
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT