ビットコイン、先物取引開始で交錯する思惑

シカゴ・オプション取引所での取引スタート

 12月10日、米CBOEグローバル・マーケッツが運営するシカゴ・オプション取引所(CBOE)は、仮想通貨ビットコインの先物取引を開始した。写真はビットコイン、8日撮影(2017年 ロイター/Dado Ruvic)

[ニューヨーク/シドニー 10日 ロイター] - 米CBOEグローバル・マーケッツ<CBOE.O>が運営するシカゴ・オプション取引所(CBOE)は10日、仮想通貨ビットコインの先物取引<0#XBT:>を開始した。買いが優勢となるなか、1万5000ドル台で始まり、その後一時21%値上がりした。

下落したがすぐに切り返し

取引は米東部時間10日午後6時(日本時間11日午前8時)にスタート。

先物1月限<XBTG8>は1万5460ドルで始まり、一時1万5420ドルに下落したがすぐに切り返して1万8700ドルに上昇した。

0430GMT(日本時間午後1時半)のレートは16%高の1万7940ドル。取引高は2211枚。

ウィンクルボス兄弟が運営するジェミニ取引所がオークションで決定するドル建て価格に基づいて現金決済する。

ルクセンブルクに本拠を置く取引所ビットスタンプの取引価格<BTC=BTSP>は7%高の1万5720ドル。現物価格は年初から1400%以上膨らんでいる。先物取引開始への期待もビットコイン急騰の一因となった。

CBOEはウェブサイトへのアクセス集中で「一時つながりにくくなる可能性がある」と警告した。

次ページリスクは残るとの声も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT