ビットコイン、先物取引開始で交錯する思惑

シカゴ・オプション取引所での取引スタート

先物上場についてビットコインの支持者らは、厳しい規制下で取引され、ウォレット(電子財布)に登録せず投資できる商品が加わることが利用拡大につながるとの期待感を示している。ただ、投資家や清算機関に対するリスクは残るとの声も聞かれた。

アナリストらはまた、先物取引開始によって現物の急激な動きが若干抑制される可能性を指摘した。

大手銀行や証券会社の反応はまちまち

チャールズ・シュワブのトレーディング・デリバティブ部門バイスプレジデント、ランディー・フレデリック氏は「ビットコインに現在関与してない多くの人々に市場が開かれた」と分析。

ただ、米国の大手銀行や証券会社の反応はまちまちとなっている。

チャールズ・シュワブ<SCHW.N> やTDアメリトレード・ホールディング<AMTD.O>を含む複数のオンライン証券は直ちにビットコイン先物は取り扱わない方針。

また、英紙フィナンシャル・タイムズは、JPモルガン・チェース<JPM.N>やシティグループ<C.N>がビットコイン先物の顧客の取引清算には直ちには応じない方針だと報じた。

ゴールドマン・サックス<GS.N>は7日、一部顧客への清算に応じる計画を明らかにしていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT