ビットコイン、先物上場を巡って数々の不安

雪崩のようなバブル崩壊が起こりかねない

 12月7日、仮想通貨ビットコインの先物取引が今週末から始まる。ファンはわくわくしているが、監視の行き届かない通貨だけに、専門家はさまざまなリスクを警戒している。写真は11月撮影(2017年 ロイター/Dado Ruvic)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインの先物取引が今週末から始まる。ファンはわくわくしているが、監視の行き届かない通貨だけに、専門家はさまざまなリスクを警戒している。

米シカゴ・オプション取引所(CBOE)<CBOE.O>を運営するCBOEグローバルマーケッツの先物取引所が10日にビットコイン先物を上場するのに続き、18日には先物取引所大手CMEグループ<CME.O>でも取引が始まる。来年は米ナスダックもこの輪に加わる見通しだ。

CBOEやCME、ナスダック<NDAQ.O>の取引環境は厳しく管理されているが、ビットコイン現物を扱う取引所は、初歩的な監視体制さえ欠いているのが実情だ。

このため、市場操作の可能性や価格設定のミス、清算機関におけるシステミックリスクなど、数々の不安がつきまとう。

今年に入って10倍以上に高騰

ビットコイン価格は今年に入って10倍以上に高騰し、金融関係者の多くはバブルだと見ている。

コンサルタント会社ジョン・J・ロージアン・アンド・カンパニーのジョン・ロージアン最高経営責任者(CEO)は「ビットコインはとてもユニークで、永遠に上昇を続け、買った人はだれでも儲かるのかもしれない。素晴らしいね。だが私はこの業界が結構長いから、そんなにうまい話はないのを知っている」と言う。

ビットコインは銀行や政府の承認なしに世界中を移動できるが、それが諸刃の剣になると見るのは、フィデッサのディレクター、スティーブ・グロブ氏。「何の後ろ盾もない。明日、だれもが突然ビットコインは無価値だと思ったら、無価値になる。みなさんはそのことを、ちゃんと考えてみたことがあるのだろうか」

次ページ続々とビットコイン投資に新規参入
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。