丸亀製麺社長「高時給だけで人は集まらない」

高卒者の正社員も増員し、店舗網拡大を狙う

丸亀製麺では店舗ごとにできたての商品を提供している(写真:トリドールホールディングス)

──外食業界の正社員は異業種に比べても離職率が高いといわれています。

当社でも一定の離職者が出ているのは間違いないが、同業他社よりは少ない印象だ。新入社員でもいち早く活躍できる場を与えている。すぐに成果を出した社員が、入社後6カ月で店長に昇格するケースもある。

また、長時間労働にならないように上司が勤務状況を把握し、休暇を取れるように留意するなど、定着率向上に向けた努力も継続していく。

来店客数を伸ばすのが重要

粟田貴也(あわた・たかや)/1961年生まれ。学生時代のアルバイトで起業資金を貯め、1985年に焼き鳥店「トリドール三番館」開業。2000年に「丸亀製麺」第1号店を出店(撮影:尾形文繁)

──人員を増やすと、人件費負担が重くなりませんか。

人件費や原価高騰を意識して人員を減らしてしまうと、サービスが弱体化する。その結果、顧客の不満が募って来店頻度が下がり、売り上げが落ちる。この「負のスパイラル」が続くと店は存続できない。コスト削減から戦略を組み立てると、経営の方向を間違えてしまう。

肝心なのは売り上げを伸ばすことだ。常連客のリピート率向上や新規顧客の獲得など、来店客数を伸ばしていけるかが、最も重要だ。トリドールはセントラルキッチン(食材仕込み工場)を採用していない。あえて人の手をかけ、店舗ごとにできたての商品を提供している。こうした考えは「すべては、お客様のよろこびのために。」という経営理念に基づいたものだ。

──「顧客への奉仕精神」がいちばん大事ということでしょうか。

いや、それは違う。あくまで売り上げを上げることが重要で、そのための手段が「顧客に喜んでもらう」ということだ。売上高、利益を上げるために全社員が顧客満足度を上げていくことを理解しないと、われわれの成長は続かない。売り上げと無関係な経営理念には何の意味もない。

(『週刊東洋経済』12月2日号「トップに直撃」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。