バリ島アグン山、噴火警戒レベル「最高」に

半径10キロ圏内の住民に避難するよう警告

 11月27日、インドネシアの火山地質災害対策局は、バリ島のアグン山の噴火警戒レベルを最高の「4」に引き上げ、同火山から半径8─10キロ圏内の住民に直ちに避難するよう警告した。26日カランガセムで撮影。提供写真(2017年 ロイター/Antara Foto Agency)

[ジャカルタ 27日 ロイター] - インドネシアの火山地質災害対策局は27日、バリ島のアグン山の噴火警戒レベルを最高の「4」に引き上げ、同火山から半径8─10キロ圏内の住民に直ちに避難するよう警告した。

当局は「山頂から12キロ地点で時折弱い爆発音が聞こえており、夜間には炎が見え、いつ噴火が起きてもおかしくない」としている。

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。