ファミマ、コインランドリー事業参入の狙い

2020年2月末までに500店舗目指す

 11月24日、ファミリーマート(東京都豊島区)は、コインランドリー事業に参入すると発表した。2018年春をメドにコインランドリー併設の実験店を展開、2020年2月末までに500店舗に広げる計画としている。写真は2010年11月に東京で撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 24日 ロイター] - ファミリーマート(東京都豊島区)は24日、コインランドリー事業に参入すると発表した。2018年春をメドにコインランドリー併設の実験店を展開、2020年2月末までに500店舗に広げる計画としている。

外国人などの利用も想定

共働き世帯や単身世帯の増加を背景に、コインランドリーのニーズは高まっている。ファミリーマートでは「主に、日中に洗濯をできない人、週末にまとめて洗濯する人、都市部を中心としたタワーマンションなどでは洗濯物を屋外に干すことができない人、またインバウンド需要の増加にともない、洗濯施設を求める外国人などの利用を想定している」という。

既存店では、駐車場にコインランドリースペースを建てるなどして展開する。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。