最高益更新!今期純益増加率トップ200

今期、来期とも最高益を更新する絶好調企業を探せ!

時価総額で拮抗、セブンvs.ユニクロ

小売り大手では絶好調の2社が最高益を連続更新しそうだ。ユニクロなどを展開するファーストリテイリングは、13年8月期に900億円超の純益が見込まれており、最高益を連続更新する見通しだ。一方、セブン-イレブンやイトーヨーカドーを展開するセブン&アイ・ホールディングスは14年2月期に純益1700億円超が見込まれる。売り上げ規模では1兆円対5兆円とまだまだ差はあるものの、時価総額はファーストリテイリングが約3.7兆円とセブンの約3.2兆円を上回る。ファーストリテイリングは海外展開の加速、セブンはコンビニ出店と金融の好調もあり、最高益の連続更新が続きそうだ。

ベンチャー系で勢いのあるところでは、ASP受発注のインフォマート、11年に上場した賃貸一括借り上げの日本管理センター、婚活サイトのIBJなどが好調を続けそうだ。

次ページ電通と博報堂DYで明暗
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT