最高益更新!今期純益増加率トップ200 今期、来期とも最高益を更新する絶好調企業を探せ!

✎ 1〜 ✎ 46 ✎ 47 ✎ 48 ✎ 最新
拡大
縮小

時価総額で拮抗、セブンvs.ユニクロ

小売り大手では絶好調の2社が最高益を連続更新しそうだ。ユニクロなどを展開するファーストリテイリングは、13年8月期に900億円超の純益が見込まれており、最高益を連続更新する見通しだ。一方、セブン-イレブンやイトーヨーカドーを展開するセブン&アイ・ホールディングスは14年2月期に純益1700億円超が見込まれる。売り上げ規模では1兆円対5兆円とまだまだ差はあるものの、時価総額はファーストリテイリングが約3.7兆円とセブンの約3.2兆円を上回る。ファーストリテイリングは海外展開の加速、セブンはコンビニ出店と金融の好調もあり、最高益の連続更新が続きそうだ。

ベンチャー系で勢いのあるところでは、ASP受発注のインフォマート、11年に上場した賃貸一括借り上げの日本管理センター、婚活サイトのIBJなどが好調を続けそうだ。

次ページ電通と博報堂DYで明暗
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT