原油価格小動き、OPECの減産延長観測下支え

米原油生産は過去最高の日量965万バレルに

 11月16日、アジア時間午前の取引で、原油先物は小動き。米国の週間統計で原油生産と原油在庫の増加が示されたことが重しとなる一方、今月末の石油輸出国機構(OPEC)総会で協調減産の延長が決まるとの期待感が支援材料となり、原油相場はプラス圏で推移している。写真はタタールスタン共和国にあるロシア石油の掘削場。7月に撮影(2017年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[シンガポール 16日 ロイター] - アジア時間16日午前の取引で、原油先物は小動き。米国の週間統計で原油生産と原油在庫の増加が示されたことが重しとなる一方、今月末の石油輸出国機構(OPEC)総会で協調減産の延長が決まるとの期待感が支援材料となり、原油相場はプラス圏で推移している。

0100GMT時点で、北海ブレント原油先物<LCOc1>は0.02ドル高の1バレル=61.89ドル。米原油先物<CLc1>は横ばいの55.33ドル。

ブレント原油、米原油ともに先週に付けた約2年半ぶり高値から5%程度下げている。

米エネルギー情報局(EIA)が15日発表した週間リポートで、米原油在庫は減少予想に反して増加。米原油生産は過去最高の日量965万バレルを記録した。

市場関係者は、これらの悪材料にもかかわらず原油相場が下げていない主な要因は、OPECの協調減産延長観測にあるとみている。

OPECは11月30日の総会で、加盟国とロシアなど非加盟国との協調減産合意の期限を来年3月から延長することを決定する公算が大きい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT