原油価格小動き、OPECの減産延長観測下支え

米原油生産は過去最高の日量965万バレルに

 11月16日、アジア時間午前の取引で、原油先物は小動き。米国の週間統計で原油生産と原油在庫の増加が示されたことが重しとなる一方、今月末の石油輸出国機構(OPEC)総会で協調減産の延長が決まるとの期待感が支援材料となり、原油相場はプラス圏で推移している。写真はタタールスタン共和国にあるロシア石油の掘削場。7月に撮影(2017年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[シンガポール 16日 ロイター] - アジア時間16日午前の取引で、原油先物は小動き。米国の週間統計で原油生産と原油在庫の増加が示されたことが重しとなる一方、今月末の石油輸出国機構(OPEC)総会で協調減産の延長が決まるとの期待感が支援材料となり、原油相場はプラス圏で推移している。

0100GMT時点で、北海ブレント原油先物<LCOc1>は0.02ドル高の1バレル=61.89ドル。米原油先物<CLc1>は横ばいの55.33ドル。

ブレント原油、米原油ともに先週に付けた約2年半ぶり高値から5%程度下げている。

米エネルギー情報局(EIA)が15日発表した週間リポートで、米原油在庫は減少予想に反して増加。米原油生産は過去最高の日量965万バレルを記録した。

市場関係者は、これらの悪材料にもかかわらず原油相場が下げていない主な要因は、OPECの協調減産延長観測にあるとみている。

OPECは11月30日の総会で、加盟国とロシアなど非加盟国との協調減産合意の期限を来年3月から延長することを決定する公算が大きい。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。