イラン強硬派を喜ばせる「トランプ発言」

軍事対立の可能性も再び浮上

国際社会と協調して核合意をまとめ上げたイランの穏健派、ロウハニ大統領が国内政治の求心力を高め、経済問題への取り組みを強化すると公約したのは有名だ。

ロウハニ師の政治目標は崩壊の危機に

背景には、ロウハニ師が「イスラム革命防衛隊」(最高指導者・ハメネイ師直轄の軍事組織)の勢力を押さえ込もうとしていることがある。革命防衛隊はイラン経済の相当部分を支配し、力をつけている。だが、トランプ氏が核合意を批判したことで、ロウハニ師や穏健派の政治目標は崩壊の危機にある。

確かに、核合意締結後もイランのミサイル開発は続いているとの批判はあるだろう。しかし、米国が一方的に核合意を破棄したからといって、イランの核開発や地域不安定化の動きを食い止められるわけではない。むしろ、合意によって封じ込めを狙っていた、まさにその動きを、イラン政府が再開するのを助長するだけだ。

トランプ氏のUターンによって、イランと米国の軍事対立の可能性がよみがえったのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT