日本バスケ界の至宝、24歳富樫勇樹の頭の中

Bリーグで躍動、東京五輪に向け語ったこと 

とがし・ゆうき/1993年、新潟県生まれ。中学卒業後、単身渡米しバスケ留学。2012―2013シーズンに秋田ノーザンハピネッツ入団、bjリーグ新人賞。2014年渡米、ダラス・マーベリックスと契約。日本人2人目のNBA契約選手となる。同年Dリーグのテキサス・レジェンズでプレー。2015年より千葉ジェッツ。2017年天皇杯で大会ベスト5、オールスターMVPに選出。身長167㎝、現在24歳。(撮影:佐藤主祥)

――アメリカでの高校3年間でプレッシャーに打ち勝つ秘訣は何でしたか。  

いやー、打ち勝つ秘訣は何でしょう。そもそも高校のときは、自信なく3年間やり過ごしたようなものなので。

実際、活躍できたときも自信を持ってやっていたわけではないですし、思いどおりに行かないことも多く、なんとか試合に出場させてもらったりしましたが、自分のプレースタイルで勝負もできませんでした。

今思えばあの3年間の経験があったから成長したと思いますが、良い思い出と感じたことはまったくなく、試合をしていて満足感を感じたことはあまりなかったです。

僕のターニングポイントは2つある

――自分のターニングポイントはこの15歳でのアメリカ挑戦だったと考えていますか。

アメリカもそうですし、日本に戻ってきてプロとしてやりはじめたのもターニングポイントとして考えています。その2つはすごく大きいと思います。

――過去のインタビューで自分は他の23歳とは違う経験をしてきたと語っています。

人と違うことをやろうと思ってきたわけではなく、他の人が選択しないような環境に若いうちから挑戦をしてサマーリーグ(NBAのシーズンオフに行われるリーグ戦)は20歳、Dリーグ(将来のNBA選手を育成する目的のプロリーグ)は21歳と、同年代とは違う経験を積むことができたことは自信につながっています。さっき話した、2つ目のターニングポイント。アメリカから帰ってきて大学に行かずに日本でプロになり、20歳でアメリカに再挑戦できたので、そこは大きかったと思います。

――再挑戦したアメリカでいちばん印象に残っていることはなんですか。

Dリーグは自分の気持ちの問題だったので、自分がもっとアピールすれば良かったとは思います。

現地での自分のプレーやプレータイムも納得のいくものではなかったです。ただ、高校のときにアメリカに行っていたので、そこまで大きな衝撃は受けませんでした。高校のときは同い年でもこんなに身体能力が違うのかと驚いたことが結構ありました。チームメートもトップレベルでしたし、高校で対戦した選手がNBAに行ったり、レベルが段違いでした。その経験もあり、想像していたことと大きな違いはなかったです。

次ページ富樫選手が語る日本とアメリカの違いとは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。