ドコモ、ついにiPhone参入へ踏み切る

KDDI、ソフトバンクは迎撃態勢

今年5月には韓国サムスン電子の「ギャラクシー」とソニー「エクスペリア」の2端末の価格を優遇し、集中して売り込む「ツートップ戦略」で勝負に出たが、目立った成果は得られなかった。もはや、iPhoneなしで戦うのは困難な状況に追い込まれていたと言える。

iPhoneの導入によって、ドコモから他社へのユーザー流出は大幅に減少するだろう。ただし、ライバル2社もドコモ襲来を想定し、対策を練っている。

ソフトバンクは、年初から得意のテレビCMなどで「つながりやすさナンバーワン」を強力にアピール。ユーザーにソフトバンクショップへ来店を促すキャンペーンも精力的に展開している。今後発表されるとみられる新型アイパッド(iPad)とのセット販売や下取りプログラムの強化など、既存ユーザーの防衛に全力を尽くすだろう。

KDDIも4~6月にドコモがiPhone5を扱うと想定し、迎撃の準備を進めてきた。固定回線とスマホのセット割引「スマートバリュー」を軸に、ユーザー獲得・流出防止対策を推進。6月には下取りプログラムを開始し、7月にはスマホ初心者向けのキャンペーンを始めている。

また、今回のiPhone5S、iPhone5CはLTE(次世代高速通信規格)においてプラチナバンドである800メガヘルツの周波数帯に対応した。同帯域ではKDDIとドコモがLTEサービスを展開するが、メインの帯域として設備投資を展開するKDDIが、エリアカバーなどで優位性があると言えそうだ。

国内メーカー端末とのバランスをどう取るか

ドコモは今秋、ツートップ戦略に続き、2~3端末に絞り込んで集中販促を展開する予定だったが、爆発的に売れるであろうiPhoneと国内メーカー端末との販売バランスをどう取るのか。販売戦略の見直しが必要になる。iPhoneを導入したからといって、顧客獲得競争で優位に立てるとは限らない。

次ページ料金戦略はどうなる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT