トランプ氏最初の妻「私はファーストレディ」

メラニア夫人が発言を批判する声明を発表

 10月9日、メラニア米大統領夫人は、1977年から92年までトランプ大統領と結婚していた最初の妻イバナさん(写真)がテレビ番組で、自分は「最初の妻なので、ファーストレディだ」などと発言したことに不快感を示した。写真は2006年5月撮影(2017年 ロイター)

[ワシントン 9日 ロイター] - メラニア米大統領夫人は、1977年から92年までトランプ大統領と結婚していた最初の妻イバナさんの利己的なコメントを批判する声明を発表した。

イバナさんはABCのテレビ番組で自著「Raising Trump」について宣伝した際、自分はトランプ大統領の「最初の妻なので、ファーストレディだ」と述べたり、「ホワイトハウスの直通電話番号を知っているが、メラニア夫人がいるのでかけたくない」などと発言した。

注目を集めるための利己的な雑音

これに対し、メラニア夫人の広報担当者は声明で「トランプ夫人はホワイトハウスを(大統領との間に設けた息子の)バロンと大統領の自宅とした。ワシントンDCでの生活を愛し、米大統領夫人としての役割を誇りにしている」と述べた。さらに、メラニア夫人はファーストレディの肩書を、本の販売のためではなく、子どもたちを支援するために活用したい考えだと述べた。

そのうえで「元妻の発言には明らかに何の内容もなく、残念ながら注目を集めるための利己的な雑音でしかない」と酷評した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT