ハリケーン痛打!9月米雇用は7年ぶりの減少

前月から3万3000人減少

 10月6日、9月の米雇用統計は非農業部門の就業者数が3万3000人減少した。写真はボストンの就職フェア会場で5月撮影(2017年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 6日 ロイター] - 米労働省が6日発表した9月の雇用統計は、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が前月から3万3000人減少した。

雇用がマイナスになったのは2010年9月以来、7年ぶり。市場予想は9万人増だった。ハリケーン「ハービー」と「イルマ」によって失業者が出たほか、採用活動にも遅れが生じた。ハリケーンが第3・四半期の経済活動を抑制したことを示す最新の兆しだ。

労働省当局者は、8月下旬と9月上旬にテキサス州とフロリダ州を直撃したハービーとイルマによって「9月の非農業部門の就業者数が減った」とした。

8月の数字は上方改定

8月の数字は当初発表の15万6000人増から16万9000人増へ上方改定された。

就業者数の集計方法は、雇用主を調査対象に、12日を含む給与期間中に支払われなかった者を失業者と見なす。

ハリケーンで職を失った者の多くは復職するとみられる。また、向こう数カ月間は復興・清掃活動で雇用の伸びが拡大するだろう。

次ページ部門別でみると?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT