トヨタ、米国内の5工場に総額420億円を投資

HV用部品を現地生産

 9月26日、トヨタ自動車は、米国内の5工場に総額3億7380万ドル(約420億円)を投じると発表。ワシントンで1月撮影(2017年 ロイター/Gary Cameron)

[26日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は26日、米国内の5工場に総額3億7380万ドル(約420億円)を投じると発表した。米国で初のハイブリッド車(HV)用パワートレインの生産を目指す。

投資先はアラバマ、ウエスト・バージニア、ケンタッキー、テネシーなど5州にある工場。パワートレインの主要部品である変速機などの生産体制を整えるほか、エンジンの生産能力を拡充する。アラバマ工場では、開発費の削減などを目的とする「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」戦略も展開する。

生産部門のシニアバイスプレジデント、ジェフ・ムーア氏は今回の投資について、HV用パワートレイン生産の現地化に向けた取り組みと説明した。

投資計画は年内に始まり、2020年まで稼動を開始する見通し。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。