最新!連続減収「ワースト276社」ランキング

10年以上、売上高を減らし続けるのは12社

売り上げ減に歯止めをかけられずにいる企業も少なくない(写真:Taka / PIXTA)

東洋経済オンラインは9月26日配信記事で、売り上げを長年にわたって伸ばし続けている「最新!『連続増収トップ195社』ランキング」を掲載した。売り上げをいかに増やしていくかは、企業の成長にとって欠かせない。一方で、思うように売り上げを伸ばせず、逆に減らしてしまうこともある。需要の減退、競争激化、外部環境の変化など、さまざまな要因がある。

そこで今度は逆に売り上げを減らし続けている会社の最新ランキングを紹介しよう。約3650社の上場企業すべてを網羅している『会社四季報』(2017年秋号発売中)で集計したデータを活用。「連続減収年数が多い企業」のランキングを作成した。

直近本決算までに売上高が過去3年以上にわたって減っている276社が対象で、直近決算の売上高、営業利益、業種名、上場年なども併記した。

5年以上の連続減収は66社

『会社四季報』には上場企業の財務・業績や平均年収などの各種データが満載。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

今回、連続減収年数が最も多かったのは横浜丸魚の17年。神奈川の水産荷受けで、横浜のほか川崎に拠点を持っている。消費者の低価格志向や魚離れ、少子高齢化の進展による市場縮小などが影響し、減収が続いている。

2位は16年連続減収のさいか屋。神奈川の老舗百貨店で藤沢店や横須賀店が主力だが、ECの普及など消費活動の変化を受けて苦戦。2015年5月に川崎店を閉鎖して大きく売り上げが落ちた。

3位の小僧寿しは14年連続減収。持ち帰りずしチェーンの大手だが、回転ずしの台頭やスーパーなどですしを扱うお店も目立つようになり、競争環境が厳しくなっている。近年では、ラーメン店の撤退も売り上げ減に影響した。

本ランキングの上位企業を見ると、小売・卸売業が多く、すでにビジネスモデルや取り扱っている商材、サービスが色あせてしまい、外部環境の変化に対して抜本的な手を打てていない企業が目立つ。10年以上の連続減収企業は12社。5年以上で見ると66社となる。

どんな業界、企業であれ外部環境の変化によって、需要が減少する事態は生じうる。とはいえ、5年以上にわたって売り上げが減り続けていれば、「苦しい経営状態」といわれても仕方がない面はあるだろう。

次ページまずは1~50位
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT