中国スマホ、「高額機種でiPhone追撃」の勝算

華為技術はまもなく「世界2位」になるが…

 9月20日、米アップルがこのほど発表した新型スマートフォン「iPhone」がさほど革新的ではなかったため、中国や韓国の競合勢には高額機種の市場で追撃するまたとない機会が訪れたとの見方が出ている。写真は華為技術の広告。スイス・チューリヒで昨年7月撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[香港/シンガポール 20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>がこのほど発表した新型スマートフォン「iPhone」がさほど革新的ではなかったため、中国や韓国の競合勢には高額機種の市場で追撃するまたとない機会が訪れたとの見方が出ている。

ファーウェイはまもなく「世界2位」へ

新型iPhoneが備える無線充電機能や大画面、デュアルカメラといった特徴は、既に中国の華為技術(ファーウェイ)、OPPO(オッポ、広東欧珀移動通信)、韓国サムスン電子<005930.KS>などの機種に幅広く採用されている。

iPhoneの高額機種が1000ドル近くするのに対し、アジア勢はより安い価格で戦いを挑む。

中国メーカーはかつて、他社の技術を真似て安いスマホを次々と製造するイメージだったが、今では手頃な価格の高性能機種を作り出し、巧妙な販売促進戦略も駆使して忠実なアップルユーザーの一部まで奪うようになった。

中国メーカーの急成長は強い国内販売に支えられてきたが、CLSAによると現在はスマホの40%を輸出している。これはわずか3年前の2倍。

華為の欧州向けスマホ輸出は上期に50%超増加しており、もう少しでアップルから世界第2位のスマホメーカーの地位を奪う勢いだ。

次ページiPhoneの顔認証技術をおちょくる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT