37年ぶりV2の広島カープ、今年も勝てた理由

前田、黒田が去っても連覇できたのはなぜか

それに対し、今のカープは前田健太(現ドジャース)が抜けた昨年25年ぶりのリーグ制覇を果たし、黒田博樹がいなくなった今年連覇を達成した。

スカウティングと育成。突出した個の力に頼らないチーム作り。中心選手の相次ぐFA流失に耐え、地道に体力をつけてきた結果である。打線を含めた総合力で今のカープの方が強い気がする。

ただ、短期決戦は別物。1979年、1980年の日本シリーズで2勝ずつ挙げて連続日本一に貢献した山根和夫のように大一番に強い投手が今のメンバーの中にいるだろうか。そこは未知数。今年のクライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズの楽しみにしたい。

37年前と今年、違うのはチームだけではない

そうそう、大事なことを忘れていた。37年前と今年の大きな違い。観客動員である。

前回は1979年に当時の球団史上最多となる145万4000人(1試合平均2万2369人)を記録しながら、1980年は131万4000人(同2万215人)と10.6%も減った。連覇したのに、である。

今回は昨年の球団史上最多記録、215万7331人(同2万9963人)を上回るペース。主催67試合で205万4489人(同3万0664人)を数え、1試合平均で初めて3万人の大台を超えようとしている。マツダスタジアムの指定席券はビジターパフォーマンス席以外、3月1日の発売から3日で完売。これが限界の数字だ。

マツダスタジアムだけでなく各地のスタンドを真っ赤に染めるファン。そのパワーも加味したら、今のカープの方が断然強い。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT