37年ぶりV2の広島カープ、今年も勝てた理由

前田、黒田が去っても連覇できたのはなぜか

それに対し、今のカープは前田健太(現ドジャース)が抜けた昨年25年ぶりのリーグ制覇を果たし、黒田博樹がいなくなった今年連覇を達成した。

スカウティングと育成。突出した個の力に頼らないチーム作り。中心選手の相次ぐFA流失に耐え、地道に体力をつけてきた結果である。打線を含めた総合力で今のカープの方が強い気がする。

ただ、短期決戦は別物。1979年、1980年の日本シリーズで2勝ずつ挙げて連続日本一に貢献した山根和夫のように大一番に強い投手が今のメンバーの中にいるだろうか。そこは未知数。今年のクライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズの楽しみにしたい。

37年前と今年、違うのはチームだけではない

そうそう、大事なことを忘れていた。37年前と今年の大きな違い。観客動員である。

前回は1979年に当時の球団史上最多となる145万4000人(1試合平均2万2369人)を記録しながら、1980年は131万4000人(同2万215人)と10.6%も減った。連覇したのに、である。

今回は昨年の球団史上最多記録、215万7331人(同2万9963人)を上回るペース。主催67試合で205万4489人(同3万0664人)を数え、1試合平均で初めて3万人の大台を超えようとしている。マツダスタジアムの指定席券はビジターパフォーマンス席以外、3月1日の発売から3日で完売。これが限界の数字だ。

マツダスタジアムだけでなく各地のスタンドを真っ赤に染めるファン。そのパワーも加味したら、今のカープの方が断然強い。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT