iモード企業が味わった、絶頂とスマホの苦悩 グアムのビンゴに商機?ビジネス作りに奔走

印刷
A
A

2016年にはM&A戦略による事態打開を図った。だが、オーガニックサプリ販売・オーガニックサロン経営のエミシア社を買収したものの、譲渡元からエミシアへの事業承継が予定どおりに進まず、結果として売上高は計画を大きく下回った。

ここからが「第3の創業」だ

2017年になると不動産サブリース会社・渋谷肉横丁社を、新たな筆頭株主となった弁護士の田邊勝己氏から買収。このM&A効果とリストラ効果でEBITDAが黒字化したのだという。

第三の創業は実を結ぶか(撮影:尾形文繁)

堤社長は「リストラ、事業再構築、安定株主作りが完了。ここからが第3の創業だ」と意気込む。2015年に開始したIoT事業も徐々にだが拡大してきている。

インターホンアプリは大手不動産会社での一棟ごとの採用が進み、野球の球はプロ野球球団での本格採用が動き出している。

今回のビンゴ会社買収後のビンゴ事業拡大がうまくいけば、再来期以降に営業黒字化し疑義注記が外れる可能性が出てくるかもしれない。はたして堤社長の思惑どおりになるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT