日米同盟への「過度な依存」は危なくないのか

中東情勢から学ぶ外交サバイバル術

ただ、駐留米軍が存在しなければ、サウジの軍事圧力にさらされた可能性もあり、同盟関係が機能したと言えなくもない。カタールはサウジの宿敵イランに接近するなどの奇策に打って出ているほか、サウジは「敵の敵は友」という構図でタブーのイスラエルに接近を図っており、中東世界の流転はとどまるところを知らない。生存のためなら、主義主張も構っていられないということだろう。

このように中東世界では同盟が裏切りに見舞われたり、期待外れに終わったりすることも多く、生死を懸けた防衛技術の開発や外交戦が展開されている。

米国は本当に戦争をする用意があるのか

一方、北朝鮮がミサイルを日本に向けて発射したり、中国軍が尖閣諸島を占領したりした場合、本当に米軍は自国民の犠牲もいとわずに戦争をする用意があるのだろうか。英国の欧州連合(EU)離脱決定や「米国ファースト」のトランプ政権誕生というリベラリズム終焉のような国際政治環境の中、日本は同盟の意義や有効性を改めて真剣に考える必要性がある。

現在の東アジア情勢は、一国平和主義だけでは乗り切れない日本の脆弱性を露呈した。トランプ大統領の一存で、日本の安全保障が左右されてしまう危険性もないとはいえない。いざとなれば、誰も助けてくれない可能性もあるのだ。

こうした中、日本は、ミサイル防衛のさらなる高度化や、法整備、サイバー分野、衛星開発など諜報能力の向上に国力を注ぐべきではないだろうか。今回の北朝鮮危機や中東の国際政治を見ていると、そう強く思わずにはいられない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT