路面電車と“ぶつからない車"

マツダや東大などが実験に着手

自動車の安全機能としては、自動ブレーキなど自律型の安全装置に対する注目度が急速に高まっている。自律型システムは、搭載する車の利用者に単独でも直接的なメリットがあるうえ、普及の拡大で機器コストが急速に下がっているためだ。

車車間通信のメリット実現には要時間

これに対して、車車間通信のメリットは、車同士が通信して初めて実現するだけに、搭載台数が少ないうちはほとんどない。自動車メーカーとしても、単独で先行的に手掛けても、メリットを利用者にアピールできないため、どうしても前のめりにはなりにくい。

レーダーやカメラなど様々なセンシング技術を組み合わせた自律型安全システムの性能向上・価格低下は著しいが、センサーの死角や遠距離情報には限界があり、車車間通信によるメリットは大きい。須田教授は「まずは、台数が少ない路面電車に設置し、車車間通信のメリットを示すことで、普及拡大のきっかけとしたい」と話している。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT