売れているビジネス・経済書200冊ランキング

「アフィリエイト本」が1位を獲得

今週は、「アフィリエイト本」が久々の1位に輝きました(写真:しげぱぱ / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、8月20日~8月26日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、前週1000位以下だった『まだやってなかった? 副収入が毎月10万円稼げるしくみ』(小林雄樹著、つた書房)が見事1位を獲得した。著者主催のキャンペーンによって、多くの注文が集まったようだ。

前週183位から2位に躍進したのが、鈴木貴博著『仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること』(講談社)だ。President Onlineの紹介記事によって注文が大きく伸びたという。

次ページ以降、196位までの200冊ランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の勉強の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。