教育費にムダの多い人が知らない選択と集中

「見栄」が価値ある選択を妨げる

都内のブランドエリアに住む30代の知人から聞いた話ですが、「ご主人のお勤め先は? 年収は?」が母親同士のコミュニケーションであり、最も価格帯の高いタワーマンションの上層階に住む人がボスママとして君臨するという世界があります。海外旅行は当たり前で、教育においても就学前から複数の習い事をさせ、小学校受験をさせる家も多い。

年収をあからさまに聞く文化を、下品と思わない感覚の持ち主もいるのです。価値観が合わない場所に住むと「見栄」を助長して、賢い「選択と集中」ができなくなってしまいます。

自分たちが無理せず、「選択と集中」を実践できる場所はどこか。子育てには、こうした視点も大切なのです。

教育費のコスパを見直す

塾や習い事にいったん通わせ始めると、いつのまにかそれが習慣化し、「行くのが当たり前」になってしまうこともあります。

そもそも教育費は成果を定義してから使うべきものです。集団生活から得るものや友達関係などを「長期的成果」として定義しているなら、行くことに意味があるのでOK。ですが、もしその長期的成果より、「○○できるようにしたい」と明確な「短期的成果」を重視するなら、塾や習い事の成果は、半年に1度くらいチェックするようにしたいところです。

『年収1000万円「稼げる子」の育て方』(文響社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そうすると、意外な無駄が見えてきます。塾に行ってもまったく成績が上がらず、毎月3万円をドブに捨てているも同然なら、早々に塾に見切りをつけ、家庭教師に切り替えたほうが、確実に成果が上がり、結果的に費用も安く済みます。

スイミングにしても、年間10万円かけて何年も通っているのにまったく上達しないなら、マンツーマンの先生にお願いすれば、レッスン1回につき1万円かかったとしても、1カ月で泳げるようになるので、トータルでは安く済むのです。

子育ては初めてのことだらけですから、あとから振り返ると「無駄なおカネを使っていた!」というケースがかなりあります。「子どものために自分が求める成果は何か」「コストパフォーマンスを最短で最大化するにはどうすべきか」を考えるのが迷ったときの答えです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT