全米プロ選手権、松山選手は後半失速で5位に

米国のジャスティン・トーマスが優勝

 8月13日、男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブで最終ラウンドを行い、2位で出た松山英樹は5バーディー、6ボギーの72で回り、通算5アンダーの279で5位タイ。メジャー初制覇を逃した(2017年 ロイター/Rob Schumacher-USA TODAY Sports)

[シャーロット(米ノースカロライナ州) 13日 ロイター] - 男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は13日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で最終ラウンドを行い、2位で出た松山英樹は5バーディー、6ボギーの72で回り、通算5アンダーの279で5位タイ。メジャー初制覇を逃した。

一時は首位に立った松山だが、11ホールから3連続ボギーをマークするなどしてスコアを落とし、日本人初のメジャータイトル獲得とはならなかった。

ジャスティン・トーマス(米国)が通算8アンダーの276で優勝した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。