全米プロ選手権、松山選手は後半失速で5位に

米国のジャスティン・トーマスが優勝

 8月13日、男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブで最終ラウンドを行い、2位で出た松山英樹は5バーディー、6ボギーの72で回り、通算5アンダーの279で5位タイ。メジャー初制覇を逃した(2017年 ロイター/Rob Schumacher-USA TODAY Sports)

[シャーロット(米ノースカロライナ州) 13日 ロイター] - 男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は13日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で最終ラウンドを行い、2位で出た松山英樹は5バーディー、6ボギーの72で回り、通算5アンダーの279で5位タイ。メジャー初制覇を逃した。

一時は首位に立った松山だが、11ホールから3連続ボギーをマークするなどしてスコアを落とし、日本人初のメジャータイトル獲得とはならなかった。

ジャスティン・トーマス(米国)が通算8アンダーの276で優勝した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。