三菱「ランエボ」復活に持ち上がる期待と不満

エンジンはルノー「メガーヌ」と共通化へ

今後、三菱のエンジンもグループ内での共用化が進むはずである。2016年まで現役を務めたランエボ用の4B11Tはクライスラー(現FCA)やヒュンダイ(現代)と共同開発したエンジンブロックを基本としていることもあり、再登板は難しいだろう。そうなればメガーヌR.S.用が適役ということになる。

ほかにもエンジンの共用化を進めているメーカーがある

アウディ「R8」とランボルギーニ「ウラカン」はエンジンを共有している

世界を見渡せば、ルノー日産以外にもスポーツモデルのエンジンの共用化を進めている自動車メーカーはある。たとえばフォルクスワーゲン(VW)グループのスーパースポーツカー、アウディ「R8」とランボルギーニ「ウラカン」は、5.2LのV型10気筒自然吸気エンジンを共有している。

ランボルギーニがVW傘下になったのは1999年。それ以前から独自開発のV10エンジンを積んだスポーツカーの開発は進めていたが、VW傘下になってエンジン、シャシーともにアウディとの共同開発に切り替えた「ガヤルド」となった。これによってアウディは同ブランド初のスーパースポーツR8を送り出すことが可能となった。

ランボルギーニ「ウラカン」

ガヤルドが登場した頃、「これはランボルギーニじゃない」という声がしばしば聞かれた。今のランエボに似た状況だ。しかし取材で「カウンタック」や「ディアブロ」の試乗経験もある筆者は、抜群の乗りやすさと信頼性の高さに感心した。そう思う人は多かったようで、ガヤルドは歴代ランボルギーニに最多の販売台数を記録し、2014年に現行のウラカンに切り替わっている。

次期ランエボの評価はもちろんクルマの出来次第であるが、ルノーのスポーツモデルはどれも完成度が高く、ドライバーを楽しませる術にも長けているので、期待を裏切るようなことはなく、ガヤルドのように自然に受け入れられていくのではないかと予想している。

次ページ次期ランエボで採用してほしいルノーの技術
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。