三菱「ランエボ」復活に持ち上がる期待と不満

エンジンはルノー「メガーヌ」と共通化へ

今後、三菱のエンジンもグループ内での共用化が進むはずである。2016年まで現役を務めたランエボ用の4B11Tはクライスラー(現FCA)やヒュンダイ(現代)と共同開発したエンジンブロックを基本としていることもあり、再登板は難しいだろう。そうなればメガーヌR.S.用が適役ということになる。

ほかにもエンジンの共用化を進めているメーカーがある

アウディ「R8」とランボルギーニ「ウラカン」はエンジンを共有している

世界を見渡せば、ルノー日産以外にもスポーツモデルのエンジンの共用化を進めている自動車メーカーはある。たとえばフォルクスワーゲン(VW)グループのスーパースポーツカー、アウディ「R8」とランボルギーニ「ウラカン」は、5.2LのV型10気筒自然吸気エンジンを共有している。

ランボルギーニがVW傘下になったのは1999年。それ以前から独自開発のV10エンジンを積んだスポーツカーの開発は進めていたが、VW傘下になってエンジン、シャシーともにアウディとの共同開発に切り替えた「ガヤルド」となった。これによってアウディは同ブランド初のスーパースポーツR8を送り出すことが可能となった。

ランボルギーニ「ウラカン」

ガヤルドが登場した頃、「これはランボルギーニじゃない」という声がしばしば聞かれた。今のランエボに似た状況だ。しかし取材で「カウンタック」や「ディアブロ」の試乗経験もある筆者は、抜群の乗りやすさと信頼性の高さに感心した。そう思う人は多かったようで、ガヤルドは歴代ランボルギーニに最多の販売台数を記録し、2014年に現行のウラカンに切り替わっている。

次期ランエボの評価はもちろんクルマの出来次第であるが、ルノーのスポーツモデルはどれも完成度が高く、ドライバーを楽しませる術にも長けているので、期待を裏切るようなことはなく、ガヤルドのように自然に受け入れられていくのではないかと予想している。

次ページ次期ランエボで採用してほしいルノーの技術
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT