新機能満載「iPhone8」、9月15日に予約開始か

アップル「好決算」の要因はiPadだった

2017年第3四半期は、久しぶりに、iPadの販売台数が前年同期比を上回った。(筆者撮影)

アップルは米国時間8月1日、2017年第3四半期決算(4~6月)を発表した。売上高は454億ドルで前年同期比7%増、1株あたりの利益1.67ドルは前年同期比17%増となった。

引き続き好調なiPhoneの販売に加え、大幅に販売増となったiPad、堅調に成長を続けるサービス部門などを材料にした好決算で、アップルの株価は時間外取引で159.65ドルをつけ、過去最高を記録した。

iPhone 7、iPhone 7 Plusが引き続き好調

アップルの売り上げの半分以上を占めるのがiPhone。10周年を迎え、アップルビジネスの柱となった。ティム・クックCEO(最高経営責任者)によると、10年間で12億台のiPhoneを販売してきたという。

最新モデルとなるiPhone 7、iPhone 7 Plusについては、2016年3月にPRODUCT(RED) Special Edition(中国では「赤モデル」)を追加する小幅なテコ入れを行った。これ自体も、例年からすれば異例のことだが、結果として、4102万6000台を販売し、248億4600万ドルの売り上げを記録した。

よりディープなリポートを読みたい方は有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」をご購読ください。詳細はこちら

前年同期比では販売台数2%、売上高3%増となっていることからも、iPhone1台あたりの販売価格が上昇していることがわかる。決算発表のカンファレンスコール(決算電話会見)ではiPhoneの平均販売価格は606ドルとの指摘があり、前年同期の595ドルから上昇した。

ティム・クックCEOは、iPhoneについて、「次のiPhoneのうわさ」が影響しているとの指摘を行ったことがあった。まさにiPhone 8、あるいはiPhone 8 Editionと目される9月発表の新型iPhoneが間近となってきており、次の四半期も含め、買い控えが顕著になりやすいタイミングと言える。

そうした環境の中で、「iPhoneの購入意向は競合デバイスの3倍」との数字を示し、新モデルの需要が高まることへの自信も見せる。

今回の決算の主役は、息を吹き返したiPadだ。

次ページiPadが長い下落トレンドに終止符
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。