英国流SUV「ランドローバー」が頭打ちの理由

加速できない「砂漠のロールスロイス」の現状

しかし、SUVメーカーとしては、他社の新規参入を静観しているわけにはいかないだろう。

それだけに新モデル「ヴェラール」にかかる期待は大きい。エントリーモデルのイヴォーク(502万円~)と、走行性能を前面に打ち出した「レンジローバー・スポーツ」(860万円~)の間の価格帯に位置し、ポルシェの「マカン」やBMWの「X4」を競合車種に位置づけている。これまで押し出してきた力強さとは一味違う、優雅で洗練されたイメージを打ち出したい考えだ。

ジャガーと食い合うリスク

今回のヴェラールは、人気の高いジャガーのF-PACEとプラットホームを共有した。同じグループ内で両者が食い合う可能性はないのか。

「レンジローバー・ヴェラール」とプラットホームを共有したジャガーのSUV「F-PACE」(記者撮影)

「レンジローバーとジャガーは、コンセプトがそれぞれオフロードとスポーツカーでまったく異なる。客層も違うので心配はない。開発という点ではプラットホームを共有したことで、コストダウンにつながった」と、ハンソン社長は冷静だ。

台数よりもブランド――。それだけでSUVの激しい競争を乗り切ることは容易ではない。性能や乗り心地の独自性を伝えるには、顧客との接点が重要になる。そのためハンソン社長は、「今後2~3年で、店舗数を(現状の44店から)さらに増やしていく」と話す。既存ディーラーの店舗を増やしつつ、新たなディーラーとも契約するなどして、販売網強化を進めていく方針だ。

はたして日本の自動車ユーザーに英国の”心意気”は伝わるのか。ランドローバーの本気度が試されている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT