いすゞが「巨大ミュージアム」を開業したワケ

子どもたちが夢中!最新鋭ジオラマを披露

いすゞ自動車が4月にオープンしたミュージアム「いすゞプラザ」。見どころは圧巻のジオラマだ(記者撮影)

「あそこにトラックがいるよー!」「消防車が来た!窓から煙が出てる」

子どもたちが食い入るように見つめているのは、大きな街を縦横無尽に走るトラックや消防車だ。しかし、本物ではない。精巧に作り込まれたジオラマである。

ここはトラック大手、いすゞ自動車が創立80周年を記念して今年4月に開業したミュージアム「いすゞプラザ」の一角だ。

圧巻の巨大ジオラマでは車が自動で走る

いすゞプラザはモダンな外観が特徴だ(写真:いすゞ自動車)

全長12メートルの巨大ジオラマで描かれるのは、45台の車があちこちを走る「いすゞ県いすゞ市」の日常だ。人やモノを運んだり、火事の現場や工事現場で活躍したりする様子を15分のジオラマショーに仕立てた。

トラックや、バス、消防車、救急車などのミニカーや、マリンエンジンを乗せたミニ屋形船は、なんとプログラミングによる自動操縦で動いている。ジオラマとしては世界初の充電式ミニ電気自動車だという。

街の風景もすき間なく、リアルに再現されている。コンビニやス―パー、駅や観覧車、温泉の湧いている旅館、さらにはUFOまで登場する。そこに暮らす3300人の人々の動きや表情も、くっきりとわかる。

ジオラマでは消防車の出動シーンも描かれる。マンションからは煙も(記者撮影)

いすゞの主力製造拠点である藤沢工場の向かいにあり、小田急線湘南台駅からバスで10分と、決してアクセスがよいとはいえない。だがオープンから2カ月で来場者は1万6000人を超えた。年間で10万人の来場を目標としている。

地元のタクシー運転手は「平日、予約しているお客さんを乗せることもありますよ。自分も車が好きなので、中が気になっています」と語る。また、他の自動車メーカーの幹部も見学に来るという。大抵悔しそうに唸りながら帰っていった後、再度訪れる人もいるそうだ。

見どころはジオラマだけではない。実際のバスやトラックに乗車でき、日本では販売されていないピックアップトラックを間近で見られる展示も子どもたちの人気を集めている。

次ページトラックづくりの”現場”も体験
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。