iPhoneで動かす「カーズ」のおもちゃが秀逸だ

「ライトニング・マックィーン」がしゃべる!

タイヤは、どんな床材の上でもきちんとグリップとドリフトのコントロールが可能な素材が使用されている(筆者撮影)

そして、マックィーンの見せどころは、なんと言ってもドリフトだ。タイヤにはどんな床材の上でもきちんとグリップとドリフトのコントロールが可能な素材を選んでおり、低いスピードでもスピンターンを華麗に決めることができる。

また、カーズの映画を見る際には、映画の音声をスマートフォンのアプリで拾い、ストーリーの進行に合わせてリアクションも取ってくれる。カーズの世界観を、本気で現実世界に持ち出すべく、ロボティックスとソフトウエアのエンジニアリングを実現したのだ。

プログラミングロボットで注目を集める

スフィロのデジタルトイは、プログラミング教材としても注目されている。主力製品であるSPRK+は、モーターやジャイロセンサー、Bluetoothなどを内蔵した球状のロボットで、スマートフォンやタブレットのアプリと接続することで自在にコントロールすることができる。

そのアプリ内では、軌跡を描いたり、ブロックを使ったり、JavaScriptコードを直接書くことで、SPRK+を自由に動かしたり、光らせたりすることができる仕組みを提供している。指で画面に絵が描ければ、SPRK+を動かすことができるのだ。

ウィルソン氏は、デジタルトイならではの遊び方やインタラクションの方法を、ステップアップしながら習得していく設計で、子どもたちの体験を作り上げていると語る。そうした手軽な入口を用意している点が、スフィロのプログラミング教材としての評価を作り出している。

ディズニーとも関係が深いアップルは、スフィロとプログラミング教育の分野での連携を強めている。

Apple Storeで行われるプログラミングのセッションに、SPRK+を採用しているほか、6月に開催されたWWDC 2017でアナウンスされたiPad向けプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds 2」では、Swiftコードを書くことで、SPRK+を動作させることができるようになる。

ウィルソン氏はもちろん、ライトニング・マックィーンの出来に満足し、ロボットとソフトウエアによるアニメキャラのリアルな再現に自信を見せる。また現在、スフィロブランドのデジタルトイを3製品準備しており、おもちゃとして、またプログラミングの入口として、引き続き注目していくべきだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT