結果が出ない人の「勘違いダイエット」行動

「基本中の基本」を外していませんか?

ダメ行動(1)ダイエットを決意後の「とりあえずランニング」

ダイエットの大原則は「摂取カロリー<消費カロリー」である。摂取した以上のカロリー消費をすればやせるので、とりあえずランニングを始めてみる人が多い。このランニング、初心者でも始めやすいエクササイズであるが、“コスパ”で見るとあまり良くない。

ランニングの消費カロリーはおおよそ「体重×距離(km)」である。たとえば、60kgの人が10km走ったら消費カロリーは600kcal。10kmのランニングはだいぶしんどいが、消費カロリーはたったこれだけなのだ。一方で、体脂肪を1kg落とすのに必要な消費カロリーは約7200kcal。つまり、体重60kgの人が体脂肪を1kg落とすには単純計算で120km走らないといけない。フルマラソンを約3回分である。ランニングはカロリーを消費するエクササイズであるが、ランニングのみのアプローチでは効率が悪いと言えるのだ。

では、何が効率的かというと、筋トレである。筋トレ単体の消費カロリーは大したことないが、筋トレ「後」にもカロリーを消費してくれる。気になる方は、「EPOC」で調べてみてほしい。さらに、筋肉がつくと「活動代謝」が上がるため、筋肉量が少ない人に比べて一日の消費カロリーが大きくなる。毎日コツコツ無意識下でも差がついていくのである。

そもそも多くの方のダイエットの目的は、ただ体重を減らすことではなく、良いカラダになることではないだろうか。埋もれた筋肉が表面に出てくるから良いカラダになるのであり、それには筋トレが必須となる。筋肉を無視して食べる量を減らし、ランニングをして体重だけ落としても、細いのにプヨッとしただらしない体型になるだけ。これを「スキニーファット」というがこのような状態は、宝の埋まってない場所で穴を掘り続けるようなものなのである。

「はるさめ」ばかり食べていても健康的にはやせない

ダメ行動(2)「カロリー制限」がすべて

日本では、ダイエットをするとなるとカロリーだけを気にする人が非常に多い。特に、普段の食事を春雨スープやサラダなどに置き換えるパターンが多く見受けられる。この方法、ダイエットの大原則である「摂取カロリー<消費カロリー」の状態が続くので、確かにやせてはいく。事実、体脂肪も多少減るだろう。

だが、単純なカロリー制限だけをしていると確実に栄養バランスが悪くなってしまう。ただでさえ摂取できるカロリーが限られるダイエット期間中だからこそ、栄養価の高い食品を効率的に食べることが重要であり、逆にそれを怠れば確実に栄養バランスが崩れてしまうのだ。

次ページタンパク質が不足すると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。