iPhoneの「メール」を格段に便利に使う裏ワザ

添付の圧縮ファイルを開くこともできる

ZIPファイルは、アプリを使って解凍するのが正解だ(筆者撮影)

ZIPで圧縮されたファイルの中身を確認したいときは、アプリを活用するといい。とにかくZIPファイルの中身だけを確認したい場合は、無料の「iZip」がオススメ。

開いたファイルを編集するなど、より込み入ったことをするのであれば、600円と少々値が張るが、有料の「GoodReader」も便利だ。GoodReaderなら、解凍したZIPファイルの中に、Wordファイルなどがあった場合、そのまま開いて手書きの文字を加えて、メールで返信するといったこともできる。

これらのアプリは、添付ファイルを開いた状態で、左下の共有ボタンをタップすることで呼び出せる。

2.Gmailを「プッシュ受信」する

Gmailは無料で使えるメールサービスとして、非常にメジャーな存在だが、iPhoneのメールアプリとはあまり相性がよくない。かつては、メール設定の際に「Exchange」を選び、サーバーに「m.google.com」と指定するとプッシュ受信できる裏技があったが、グーグルが「Google Sync」というサービスを2013年に終了してしまって以来、この方法が使えなくなってしまった。

現状では、Gmailアプリを別途インストールすれば、プッシュで受信できるが、iPhoneに標準搭載されているメールアプリとは使い勝手が異なるため、なじめない人はいるはずだ。また、複数のメールをメールアプリで管理している場合も、Gmailアプリは少々不便だ。

折衷案として、Gmailアプリをプッシュ通知だけのために利用し、実際のメールはメールアプリで読み込むという方法がある。ただし、この場合、メールを受信するのは、メールアプリを開いてからになるため、通信環境によっては、メールを読み始めるまでに少々時間がかかってしまう。ほかには、Gmailの転送設定を利用し、プッシュ受信が可能なiCloudメールに転送するというような手段もある。

どうしても、Gmailそのものをプッシュ受信したいというときは、有料になってしまうが、ビジネス向けの「G Suite」に移行するのが、最もストレスがないだろう。G Suiteはビジネス向けといいながらも、個人で1アカウントから契約することができ、Basicなら料金は年間6000円(もしくは月額600円)。メールアプリでのプッシュ配信にも対応している。

プッシュ配信以外にも、独自ドメインを持てたり、稼働率が99.9%保証されていたりと、無料のGmailよりも多機能で、サポートもきちんとしているのが特徴だ。容量も無料アカウントの15GB(ギガバイト)から30GBへと倍増する。この容量はGmailだけでなく、ファイルの受け渡しなどに便利なGoogleドライブでも利用できるため、ビジネスユースが多いのであれば、移行しておいても損はないだろう。

次ページ3つ目の裏技は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT