ハイテク業界が抱える「セクハラ」という闇

20人以上の女性たちが不快な体験を告白

カンターはインタビューに答えて、デントが「協力を求めて派手に振る舞い」、性的な魅力を公然と利用してきたと話した。また、彼女のアイデアが好きになれなかったので、彼女が去っていくよう振る舞ったとも言った。

「出資はしない」との電話も

女性起業家の中には、何を経験したのか話さないよう言われた人たちもいた。

2014年にサンフランシスコで行われた起業コンテストで、リサ・カーティスは食品関連のスタートアップ、クリクリのプレゼンテーションを行った。そして、聴衆からの支持が最も多かったと告げられ、出資の可能性が開かれた。彼女がステージから降りてくると、ホセ・デ・ディオスと名乗る投資家がこう言った。「もちろん君が優勝だ。すごくセクシーだからね」。

カーティスがこのやり取りをフェイスブックに投稿すると、別の投資家から電話がかかってきた。カーティスによると、彼は「その投稿を削除しなければ、シリコンバレーはもう資金を提供することはないだろう」と言ったという。カーティスは投稿を削除した。

デ・ディオスは文書で、「間違いなく、中傷的な発言はしなかった」と述べた。

真実が公開されたのちに変化が始まる場合が多いと、女性たちは言う。バイナリー・キャピタルとカルドベック、そして以前カルドベックを雇っていたライトスピード・ベンチャー・パートナーズは、彼についての苦情を受け、謝罪を行った。

ライトスピードは6月27日のツイッターでこう述べた。「もっと強いアクションを取らなかったことを後悔している。明らかに、もっとやるべきだった」。

(執筆:Katie Benner、翻訳:東方雅美)
© 2017 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT