シャープ堺工場への進出は非常に異質のモデル--米国コーニング社ディスプレイ テクノロジー プレジデント ジェームス・クラッピン氏


--ソニーは昨年、有機ELテレビの販売に乗り出した。有機ELテレビの将来性については、どう見ているか


 現在、有機ELのメーカーはひと握り。この市場はまだ始まったばかり。ソニーが有機ELのテレビを発売したが、サイズはまだ小さいし、価格はとても高い。有機ELは、まだ揺籃期だ。多くの関係者が有機ELテレビに関心をもっており、有機ELテレビを本流にしようとして、様々な技術的課題の研究をしている。現在の有機ELの課題は、コストと大きさ、さらに有機EL素材そのものの寿命だ。こうした問題が解決されれば、5年後であれ8年後であれ、いつか将来のある時点で、有機ELテレビは液晶テレビにとってライバルになるだろう。
 コーニングは実際に、有機ELが直面している課題のいくつかをサポートするための技術を開発しており、研究中でもある。寿命の問題については、有機EL素材を湿気と酸素から守る必要がある。コーニングは、有機EL素材が空気または湿気の影響を受けないようにする「Vita(ヴィータ)」と呼ぶ封止技術を持っている。また、高い熱安定性が特徴の「Jade(ジェード)」という名の新しいガラスを開発した。「Jade」も、ソリューションの一環として有機ELテレビの商品化に役立つだろう。
 ただ、液晶テレビが現状の技術水準のまま、ということにはならない。液晶の技術は向上し続け、コストは下がり続けている。多くの人は有機ELテレビが液晶テレビを上回るものと考えている。画像品質の良さで有機ELは商品化され、価格もいずれ下がることになるが、同じように液晶テレビの品質も向上し、そのコストは下がり続ける。たとえ有機ELが技術的課題を巧みに解決したとしても、今後4、5年間は、有機EL市場が大幅に成長することにはならない、というのがコーニングの予測だ。


--顧客である液晶メーカーのシャープ堺工場に最新鋭のガラス工場を建設する理由は


 コーニングは、シャープと長年にわたり良好な関係を築き、第6世代(1800×1500ミリメートルのガラス基板)、第8世代(2460×2160ミリメートルのガラス基板)など数多くの次世代基板を共に開発してきた。シャープは、これらの世代では一番手となった。シャープから相談を受け、第10世代についての話し合いをしたのは、自然の成り行きだった。コーニングは慎重に、この取り組みについて調査し、シャープの計画に理解を深めた。最終的に、シャープとコーニングは堺工場でも良好なビジネス関係を築き、第10世代に向かって動き出すことに合意した。


--シャープの敷地内に製造施設を建設することで、制約はないか


 シャープとコーニングは製造施設を建設するということで合意し、シャープのニーズがあるから建設するのだから、制約はない。シャープとコーニングは、この新しいビジネスモデルを、いかに確立するかについて時間をかけて話し合い、両社のニーズを満たすことで最終的に合意した。
 このビジネスモデルは、非常に異質のモデルだ。コーニングは、シャープの工場に隣接する形で施設を構え、第10世代の液晶用ガラスはコーニングの工場から、直接シャープの工場へ送り込まれる。


--シャープには台湾や韓国などに競合他社がひしめいている。シャープがコーニングに対して第10世代よりも大きな、第12、13世代の製造を依頼したら、コーニングは対応するか


 重要なことだが、コーニングは最終市場を把握するためにとても時間をかけ、常に目を光らせている。パネルメーカーの計画がどうであれ、コーニングが工場を建設することを決める際は、新工場の生産能力が最終市場の状況に対するコーニング自身の見解に沿ったものであることを確認している。最終市場に第12、13、または14世代の需要があると信じる限りは、顧客であるシャープやその他企業と共に開発していくことになると思う。より大型のガラス基板を製造するにあたって、技術的にはなんら障害はないと考えている。


--現在、コーニングの市場シェアは50%を超えている。競合他社が3社あるが、現在の優位性をどう維持していくのか


 トップシェアを、あたりまえとは思ってはいない。コーニングは顧客の信用・信頼を維持するために、新しいテクノロジー、サービス、製品改善、機能改造などの面で懸命に努力してる。今の状況にあぐらをかいているわけではない。ここは、生き馬の目を抜くような業界だ。以前から手ごわい競争相手が何社もある。彼らは、業界を熟知している。市場で現在の地位を維持するには、彼らの上をいくしかない。


--今後、ディスプレーの素材がガラスから樹脂のような異なる素材ベースのテクノロジーに取って代わられる、または追い越されるという可能性は


 コーニングは長い間、ディスプレー業界の状況を見てきて、今も見続けている。結論は、ガラスは非常に優秀な素材である、ということだ。高温下でも安定しているし、ほとんどの環境で堅牢だ。また樹脂やプラスチックに比べて、安価だ。ガラスは非常に薄く仕上げられるので、重量もあまり問題にならない。ガラスは、曲げられるまで、薄くできる。例えば光ファイバーはガラスだ。現在まで、液晶パネルメーカーの厳しい仕様を満たすことのできる樹脂は存在しない。しかし、これからもチェックは怠らない。コーニングは常に、業界の情勢に目を光らせている。
(聞き手 鶴見昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。