G20ハンブルクサミット、安倍首相は埋没?

「トランプvsメルケル」の構図が鮮明に

最後はおなじみの競馬コーナーである。

今週末のメインレースといえば、七夕賞(7月9日、福島競馬場11R、GⅢ)。この日は年に1度、福島競馬場に馳せ参じるのが筆者にとっての恒例行事となっている。今年は連載の共同執筆者であるぐっちーさん、筆者、筆者の友人の「上海馬券王」、編集担当F氏ほかも一緒に参戦する予定。好きな者同士の旅打ちで、ある意味、GⅠ以上に楽しみなレースである。

それでは七夕賞の傾向と対策は。「ゼーヴィントかマルターズアポジーのどちらから買えばいいんだろ?」などと考えているアナタ、福島競馬はそんなに甘くはないですぞ。

七夕賞で過去10年の記録を振り返ると、単勝5倍未満の馬の成績は「3-3-2-8」(1着3回。2着3回、3着2回、4着以下8回の意味、以下同じように読む)。単勝5倍以上10倍未満の馬の成績が「3-3-5-21」。さらに単勝10倍以上20倍未満の馬も「3-2-1-24」となる。

つまり七夕賞における勝ち馬は、文字どおりどこからでも来てしまう。筆者が初めて福島競馬場を訪れた2012年なんぞ、単勝54倍のアスカクリチャンが勝っている。それくらいワイルドなレースなのである。

「七夕だから」はNG、福島活躍のフェルメッツアから

「それならいっそのこと、数字で狙うか」ですって? 地元では「7-7がいつも人気の七夕賞」てな川柳があるくらいで、確かに気分的には7枠や7番を狙いたくなる。ただし枠連7-7の「七夕馬券」は1986年以来出ておらず、外枠の成績はいま一つだ。

ということで、よくも悪くも荒れる七夕賞。ここは割り切って、人気薄めの馬から流してみよう。本線としては、休み明けだが春に福島民報杯で2着につけたフェルメッツア(3枠3番)を指名する。なに、小柄なディープ産駒はこのレースには相性がいいのである。

それから福島競馬で戦う際は、地元紙の「福島民報」を味方につけよう。なまじの専門誌よりもよく当たる。できれば土日だけ購読したいくらいである。これで難敵、福島競馬への対策は準備万端、と考えたいところである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT