中国習国家主席、「いかなる挑戦も容認せず」

香港の記念式典で演説

 7月1日、中国の習近平国家主席は香港の中国返還20年を記念する式典で演説し、「中央の権力に治するいかなる挑戦も決して容認しない」と述べ、独立の動きを強くけん制した(2017年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 1日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は1日、香港の中国返還20年を記念する式典で演説し、「中央の権力に治するいかなる挑戦も決して容認しない」と述べ、独立の動きを強くけん制した。

また「香港を利用した中国本土への破壊活動の浸透は、越えてはならない一線(レッドライン)を越える行為とみなされ、決して容認されない」と強調した。

香港では完全な民主化を求める声が強まっており、一部では独立の主張にまで発展。中国政府が警戒を強めている。

習主席の演説はこれまでになく強い調子で、今後の中国政府による介入強化を示すものと受け止められている。

この日は行政長官に当選した林鄭月娥氏の就任式も行われた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。