中国習国家主席、「いかなる挑戦も容認せず」

香港の記念式典で演説

 7月1日、中国の習近平国家主席は香港の中国返還20年を記念する式典で演説し、「中央の権力に治するいかなる挑戦も決して容認しない」と述べ、独立の動きを強くけん制した(2017年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 1日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は1日、香港の中国返還20年を記念する式典で演説し、「中央の権力に治するいかなる挑戦も決して容認しない」と述べ、独立の動きを強くけん制した。

また「香港を利用した中国本土への破壊活動の浸透は、越えてはならない一線(レッドライン)を越える行為とみなされ、決して容認されない」と強調した。

香港では完全な民主化を求める声が強まっており、一部では独立の主張にまで発展。中国政府が警戒を強めている。

習主席の演説はこれまでになく強い調子で、今後の中国政府による介入強化を示すものと受け止められている。

この日は行政長官に当選した林鄭月娥氏の就任式も行われた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。