「労働生産性」向上に中央銀行がすべきことは

賃金伸びない状況続くと社会的混乱が広がる

イングランド銀行(英中央銀行)は低金利政策の代償を認めている(写真: Hannah McKay/ロイター)

労働生産性が伸びないのはなぜか──。いわゆる「生産性の謎」が、経済学者や各国の政策担当者を悩ませている。現在、OECD(経済協力開発機構)諸国の時間当たり生産性は、2008年の世界金融危機前のトレンドに比べ、著しく低い。

英国の国家統計局によると、2015年のフランスにおける時間当たり生産性は、通常のトレンド成長率が続いた場合と比べ14%低かった。米国は9%、ドイツは8%低い。仮に現在の低成長が続いたとしたら、2021年までに米国の平均所得は、1945年以降約2%の生産性向上が維持されていたケースと比べて16%低くなるという。

慢性的な症状に悩まされている英国

英国では、この症状が慢性的に表れている。同国の生産性は2007年時点でOECD平均を9%下回り、その差は2015年までに18%へと拡大した。驚くべきことに、英国の時間当たり生産性はドイツを35%、米国を30%も下回る。

要因の1つは広く知られている。低金利政策である。リーマンショックとそれに続く世界金融危機の中、資本不足に陥った銀行は融資を縮小し、中央銀行が超低金利政策を採用。これによって倒産を免れた企業は、収益性が低くてもリストラを行わなかった。一方で新興企業は、生産性が高く革新的な事業を持ちながらも資金調達に苦労し、成長が進まず、資本による労働の代替も起きなかった。

つまり低金利政策は、本来なら淘汰されてしかるべき、巨額の負債を抱えたゾンビ企業を生き永らえさせることで、生産性を押し下げているのである。

次ページ淘汰されるべき企業まで
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT