ローマ法王側近の枢機卿が「性的虐待」の疑い

出身国の豪ビクトリア州で起訴

 6月29日、ローマ法王フランシスコの側近であるローマ法王庁(バチカン)財務事務局(財務省)長官のジョージ・ペル枢機卿(76)が、出身国のオーストラリアで過去に複数の子どもに性的虐待を働いたとして起訴された(2017年 ロイター/Remo Casilli)

[バチカン市/シドニー 29日 ロイター] - ローマ法王フランシスコの側近であるローマ法王庁(バチカン)財務事務局(財務省)長官のジョージ・ペル枢機卿(76)が29日、出身国のオーストラリアで過去に複数の子どもに性的虐待を働いたとして起訴された。世界的に注目されているこの問題に直面したカトリック聖職者としては、これまでで最高レベルとなる。

枢機卿は無実を主張しており、法王が申し開きのため休職して帰国することを許可したと述べた。

バチカンで行った記者会見で枢機卿は「ようやく出廷できるのを楽しみにしている。繰り返し言うが、私は無実だ。起訴は誤りであり、私にとって、性的虐待ということ全体が忌まわしいものだ」と語った。

ペル枢機卿は、メルボルンとシドニーで大司教を務めていたが、子どもへの性的虐待の疑いがかかり、1年間捜査対象となっていた。1970年代に教区司祭を務めていたビクトリア州警察が29日、複数の告訴により「過去の性的虐待」で起訴したと発表した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。