タカタ、損失1000万円超の株主が話した本音

破綻発表の翌日、株主総会はどうなったのか

「株主だから損をするのは承知の上だが、タカタが説明責任を果たしてきたとは思えない」(30歳男性)との批判も相次いだ。

76歳の男性は「少ない可能性に賭けていたが、残念。得られたこととすれば、自分の考えが甘かったことに気づけたこと。損失額は4ケタ万円。家一軒が飛んでしまったので、これを教訓にする以外、仕方がない」と話した。

タカタ製品を評価する株主も

経営危機が明るみになってもなお、株式を保有してきたのは、タカタがエアバッグの世界シェア2割を誇るグローバル企業だということがある。シートベルトやエアバッグといった安全性にかかわる製品を評価する声は依然多い。「死者が出たことばかりが注目されるが、どれだけの命を救ってきたかわからない。僕はタカタに拍手したい」(前出の36歳男性)との声もある。

前出の京都在住・57歳男性は「タカタは滋賀県の織物工場から創業した老舗企業。“売り手良し・買い手良し・世間良し”の3つがそろった近江商人としての姿勢に共感して投資していた。今となっては“世間良し”の部分で、社会的要請に応えられなかったのだと感じている」と残念がった。

株の価値を大きく毀損させたタカタ。企業姿勢を評価していた株主の期待までも裏切る結果となってしまった。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT