ディズニーで超VIP待遇されるカードの正体

「秘密の部屋」でゆったり休憩し、先頭で入場

ラウンジチケットは、請求してから1週間程度で郵送されてくる。その後、チケットに記載されている電話番号に直接電話し、利用日時を予約することになる。1枚につき4人までの利用と明記されているが、実際には5人以上でも受け付けてくれるため、2世帯、3世帯でラウンジを利用することも可能だ。

ザ・クラスの会員はUSJの人気アトラクション「フライングダイナソー」のラウンジも利用できる(筆者撮影)

ザ・クラスの特典として利用できるテーマパークは、東京ディズニーリゾートのラウンジのみならず、ユニバーサルスタジオジャパンの人気アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」内ラウンジの利用券も請求可能だ。

USJのJCBラウンジの場合、この特典を受けられるカードの種類が増える。JCBザ・クラス以外でも、JCBブランドのプラチナカードで利用可能なのだ。個人カードの場合は、「プラチナローズカードJCB」(年会費2万5000円+税)、「楽天ブラックカード(JCB)」(年会費3万円+税)、「セディナプラチナカード(JCB)」(年会費3万円+税)、「JAL・JCBカード プラチナ」(年会費3万1000円+税)、「ANA JCBカード プレミアム」(年会費7万円+税)が対象となる。ただし、楽天ブラックカードとセディナプラチナカードは招待制となっている。

1年間でディズニー1回、USJ1回のみ利用できる

もっとも、いつでも無制限に利用できるわけではないのでご注意を。JCBラウンジご利用券の請求可能期間は、4月から翌3月までの1年間。請求日から1年間の有効期限内で、東京ディズニーリゾートとUSJで、それぞれ1回ずつしか請求することができないのだ。

セディナプラチナカードの会員になれば、サンリオピューロランドのVIPルームを利用することが可能だ(筆者撮影)

テーマパークでのVIP待遇を特典にしているのは、JCBだけではない。「サンリオピューロランド」では、セディナプラチナカードを保有していれば、結婚式などでしか使用できない「館のレストラン」のVIPルームを利用することが可能だ。

こちらもセディナプラチナカードデスクで事前予約をしてから、4月から翌3月までに1回の利用が可能になる。さらに、人気キャラクターが会いに来てくれる特典や、パレードの優先席が用意される特典もある。

以上のプラチナカードを保有するためには、いずれも2万円から5万円の年会費を支払う必要がある。入会するにはかなり勇気がいる金額だ。魅惑の特典と高い年会費をてんびんにかけて、入会を目指すべきかどうかを決めてみるといいだろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT