ディズニーで超VIP待遇されるカードの正体

「秘密の部屋」でゆったり休憩し、先頭で入場

ラウンジチケットは、請求してから1週間程度で郵送されてくる。その後、チケットに記載されている電話番号に直接電話し、利用日時を予約することになる。1枚につき4人までの利用と明記されているが、実際には5人以上でも受け付けてくれるため、2世帯、3世帯でラウンジを利用することも可能だ。

ザ・クラスの会員はUSJの人気アトラクション「フライングダイナソー」のラウンジも利用できる(筆者撮影)

ザ・クラスの特典として利用できるテーマパークは、東京ディズニーリゾートのラウンジのみならず、ユニバーサルスタジオジャパンの人気アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」内ラウンジの利用券も請求可能だ。

USJのJCBラウンジの場合、この特典を受けられるカードの種類が増える。JCBザ・クラス以外でも、JCBブランドのプラチナカードで利用可能なのだ。個人カードの場合は、「プラチナローズカードJCB」(年会費2万5000円+税)、「楽天ブラックカード(JCB)」(年会費3万円+税)、「セディナプラチナカード(JCB)」(年会費3万円+税)、「JAL・JCBカード プラチナ」(年会費3万1000円+税)、「ANA JCBカード プレミアム」(年会費7万円+税)が対象となる。ただし、楽天ブラックカードとセディナプラチナカードは招待制となっている。

1年間でディズニー1回、USJ1回のみ利用できる

もっとも、いつでも無制限に利用できるわけではないのでご注意を。JCBラウンジご利用券の請求可能期間は、4月から翌3月までの1年間。請求日から1年間の有効期限内で、東京ディズニーリゾートとUSJで、それぞれ1回ずつしか請求することができないのだ。

セディナプラチナカードの会員になれば、サンリオピューロランドのVIPルームを利用することが可能だ(筆者撮影)

テーマパークでのVIP待遇を特典にしているのは、JCBだけではない。「サンリオピューロランド」では、セディナプラチナカードを保有していれば、結婚式などでしか使用できない「館のレストラン」のVIPルームを利用することが可能だ。

こちらもセディナプラチナカードデスクで事前予約をしてから、4月から翌3月までに1回の利用が可能になる。さらに、人気キャラクターが会いに来てくれる特典や、パレードの優先席が用意される特典もある。

以上のプラチナカードを保有するためには、いずれも2万円から5万円の年会費を支払う必要がある。入会するにはかなり勇気がいる金額だ。魅惑の特典と高い年会費をてんびんにかけて、入会を目指すべきかどうかを決めてみるといいだろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT