カリスマ栄養士が明かす「一流の食事」の秘密

「大事な決断の前はアーモンドを食べなさい」

判断が鈍るのも、カルシウムやミネラルといった神経伝達に必須のミネラルが不足している可能性が高いといえます。ミネラル不足になる原因は、主に次の3つです。

1つは、ストレス過多。仕事のプレッシャーや人間関係、明るすぎる夜、騒音など、現代人は朝起きてから夜寝るまで、絶えずプレッシャーにさらされています。そして、人はストレスを受けると、体内のミネラルが急激に消費されます。

2つ目は、スナック菓子やファストフード。これらに含まれている白い砂糖や油脂は、カルシウムの大敵。しかも、そういった加工食品にはミネラルがほとんど入っていませんから、失われた分を補給しないかぎり、減ったミネラルはそのままになってしまいます。

3つ目は、日本の土壌。ミネラルが存在するのは水と土の中だけなので、人は通常、野菜などを食べて、それらを間接的に体に取り入れます。ところが、日本の土壌はほとんど火山灰なので、もともとミネラルの含有量が少ないのです。

大事な決断の前は、アーモンドとバナナを食べなさい

ミネラルが減りやすく、摂取しにくいという環境は変えようと思っても限界があります。どうすればよいか。そこで、食べ物です。

神経伝達に欠かせないのはカルシウムやマグネシウム、ビタミンB群ですから、それらを多く含む食品を食べればよいのです。

まずは、大豆製品、海藻、ジャコ、桜エビ、アーモンドを、意識して多めにとる。

乾物・乾燥類としては、切り干し大根やヒジキの煮物、切り昆布の煮物といった総菜がおすすめです。コンビニでも買うことができます。また、豆類としては、サラダビーンズをサラダはもちろん、スープや炒め物に追加するのもよいでしょう。

『世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

小腹がすくと条件反射的にチョコレートのようなお菓子を食べていた人は、それをバナナやおにぎりに替える。缶コーヒーをやめて果汁100%のオレンジジュースにする。これを習慣にすれば、仕事のミスの回数は必ず減っていきます。

最近ストレスがたまっているという自覚があるなら、いつもの朝食やランチにヨーグルトや生野菜を加えてみてください。カルシウムやマグネシウムのサプリメントを飲んで補うというのもいいアイデアです。

心を落ち着けようとマインドフルネス(瞑想)やヨガを始めても、カルシウムやマグネシウムが減っている状態では、効果は期待できません。ならかご参考になればと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT