福岡の難病男性が「人とITの力」で見つけた夢

「原発性側索硬化症」との闘いを支えるもの

「こんな病気になった僕だからこそ伝えられることがある。だから今、話せるうちにたくさんの人に聞いてほしいんです」と落水さんは力を込める。

そして、言葉を続けた。「僕は20代の頃、美容業界で営業をしていました。熊本地震のあと、いてもたってもいられなくて、知り合いの美容師さんたちと熊本にボランティアカットに行きました。僕は受付係で、車いすに座っておじいちゃんおばあちゃんと話していると、ひとりのおばあちゃんが『私は戦争で家族全員亡くし、今回の地震で家がなくなった。人間生きていたら、明日、何が起こるかなんて誰にもわからない。だから今を大切に、今を楽しくね』と声をかけてくれた」

「今」を大事にしないといけない

「本当にそうだなと心にしみました。言い方がおかしいかもしれないけど、僕の時間は確実に限られている。今を大事にしないといけない。だから、今は呼ばれればどこへでも行くし、求められることがものすごくありがたい」

徐々に病気が進行する過酷な環境で、どのようにして家族で生活するための収入を確保するか。それは継続的な課題だ。ただ、今の落水さんには、親身になってくれる仲間がたくさんいる。病気が判明した直後と今とでは、「自分から動いたことで、出会いに恵まれ前向きになれた」と心持ちも好転した。

「これから1年くらいで、この先どうやって収入を得ていくか道筋をつけたいですね。最近、熊本の被災地支援のために、ボランティアカットの仲間と共に、シャンプーとトリートメント製品(ヘアーイズエナジー)をクラウドファンディングで開発しました。僕は前職の知識と人脈を生かして商品開発を担当し、今は営業や広報活動をしています。もともとチャリティ目的で作った商品ですが、将来的には利益を出せるものにして、熊本の支援も継続していきたい。また、今回の経験を生かして、新商品を作りたいと考えています」

とても明るくさわやかに話す落水さん。彼のブログにはすてきな笑顔と仲間があふれている。だが、病状の進行は予想以上に早いらしく、自宅では手すりに体重をかけ、とてもゆっくり移動していた。負担をかけないように短時間で取材するつもりだったが、気づけば1時間以上にわたって率直に話を聞かせてくれた。
最後に撮影のため外出する際に、落水さんは眼鏡をかけた。聞けば視力が少し悪く、外出時にはかけるのだとか。「たくさんの方に励ましてもらっているのに、相手に気づかないと失礼ですから」と落水さん。取材中にも、言葉の端々から人への気遣いや感謝が感じられた。そんな誠実な人柄だからこそ、多くの人の応援を得ているのだろう。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT