安倍首相「今度こそ待機児童問題に終止符を」

3年先送りし、新プランで解消を約束するが…

 5月31日、安倍晋三首相は31日、都内で講演し、待機児童解消に向けた新たな計画を明らかにした。2017年度末としていた待機児童の解消目標の達成時期は先送りし、首相は「今度こそ待機児童問題に終止符を打つ」と強調した。写真は安倍首相、ロンドンで4月撮影(2017年 ロイター/Peter Nicholls)

[東京 31日 ロイター] - 安倍晋三首相は31日、都内で講演し、待機児童解消に向けた新たな計画を明らかにした。2017年度末としていた待機児童の解消目標の達成時期は先送りし、首相は「今度こそ待機児童問題に終止符を打つ」と強調した。

来年度から取り組む「子育て安心プラン」は、待機児童の解消に必要な約22万人分の予算を2年で確保し、遅くとも3年間で全国の待機児童解消をめざすものだ。

首相はまた、女性の就業率が80%に上昇しても対応できるよう、5年間で約32万人分の保育の受け皿を整備する考えを示した。

(山口貴也)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。