東京の「土木地形散歩」は最高におもしろい

現在の東京の骨格は江戸時代のインフラだ

北河:あの勾配でかなり深くまで切っているということは、地盤がいい証拠ですね。本誌48ページでも、紅林章央さんが紹介していますが、聖橋(ひじりはし)もその地盤をうまく利用して架けられている。

皆川:つまり、関東ローム層に支持させている?

北河:聖橋のように下の主構造が踏ん張って、上に道が走るような橋を上路橋と言うんです。永代橋などは土地が低く、地盤も悪いので、道路が主構造の下にくる下路橋になる。

皆川:上路式のアーチ橋が成り立つ地耐力を、両岸が持っているなんて驚きです。

北河:切土ならではの構造物で、地盤が反映されます。

陣内:いまは御茶ノ水駅の改修工事で隠れてしまっていますが、聖橋は本当にダイナミックで、かつ美しい。

北河:あの曲線は変垂(へんすい)曲線なんですよ。力学的な合理性とデザインの美しさの両立を追求した、復興局の意気込みが感じられますね。

丸ノ内線で御茶ノ水駅が一瞬地上に出る意味

陣内:建築史家の長谷川堯さんが1977年に刊行した『建築有情』というエッセイ集は、聖橋の上に立ったときの感動から始まるんですよ。当時から、ここが都内で最高のビュースポットだった。

北河:JR御茶ノ水駅と丸ノ内線の御茶ノ水駅は、両方とも駅舎がモダニズム建築です。御茶ノ水は、江戸時代からの歴史の中に息づきながら、モダンな駅と橋に囲まれた、特異なデザイン空間を持っています。

皆川:地形と土木のマリアージュ!

北河:丸ノ内線といえば、御茶ノ水駅付近で一瞬地上に出ますよね。その橋も、車窓から景色が見えるように、わざと桁高を低く設計しているそうです。

皆川:おお、そんな粋な計らいがあったとは(笑)。

北河:橋の外観も、頭が平滑なリベットを使うことでスッキリみせている。景観的にはそこも注目ポイントです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。