陣内 秀信(じんない ひでのぶ) Hidenobu Jinnai
法政大学教授・工学博士・中央区立郷土天文館館長

1947年福岡県生まれ。専門はイタリア建築・都市史。イタリアを中心に地中海世界の都市研究、調査を行ういっぽう、江戸東京学の牽引者のひとりでもあり、『東京の空間人類学』でサントリー学芸賞受賞。2003年からは、法政大学エコ地域デザイン研究所所長として、地域に根ざした都市論を展開する。著書に『水都ヴェネツィア その持続的発展の歴史』、共編著に『外濠―江戸東京の水回廊』『水の都市 江戸・東京』『水都学』など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT