「喫煙による死者」は世界で毎年700万人

製品サイクルの全過程で環境汚染、WHO発表

 5月30日、世界保健機関(WHO)は、たばこが環境に及ぼす影響について初の報告書を発表した。写真はたばこを吸う男性。印ニューデリーで2005年10月撮影(2017年 ロイター/Kamal Kishore)

[ジュネーブ 30日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は30日、たばこが環境に及ぼす影響について初の報告書を発表した。大量の化学物質やエネルギーの使用、製造・流通過程における公害により、たばこは環境に大きな被害をもたらしており、たばこ業界はその穴埋めをすべきだと指摘した。

WHOは「たばこの製品サイクルの最初から終わりまで全ての過程が環境を汚染し、ダメージを与える」と説明した。

WHOのVinayak Prasad氏は記者会見で、たばこが環境に与える経済的影響を見極めるには、さらに調査が必要だと述べた。

5月31日はWHOが定めた世界禁煙デー。WHOによると、喫煙による死者は世界で年間700万人に達している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT